スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その先にあるもの

 ディーラーへスペアキーを作りに行った後、今度は自転車で出かけました。自転車に乗るのは1ヶ月振り位です。風が強めで、正直、心が折れそうになりましたが、上司から『色々な店へ行って接客を受けて来い』と言われていたこともあり、出かけました。
 ただ、私はあまり接客されないタイプなので(友人曰く、話し掛けづらいそうです)、あまり期待せずに出かけました。今日行ったのは3軒。
 まず、1軒目。売り場へ行き、少しすると店員が近づいてくる。何秒おきかに見る商品を変えていたせいか話し掛けるタイミングを掴みあぐねている感じだったので、ひとつの商品に注視する。ようやく近づいてくるも、ありきたりな台詞を掛けてくる。そして、一方的に説明を受け、終了。でも、参考になったのは、話に詰まったとき『こちらの商品は大体そのような感じになっております』というような、間を繋ぐことを言う、ということ。
 別なコーナーへ行くと、『ご不明な点があれば何でもご相談下さい』と言ってきたものの、そのまま離れて行ってしまう。
 そして2軒目。入店しても、『いらっしゃいませ』と言われない。こちらから店員を見ると、『あ、どうも』的な無言の頷きだけ。これが二十歳前後のバイトなら許容範囲だけど、どう見ても30代後半の正社員(汗
 3軒目は気づいてもらえませんでした(汗

 ところで帰り、自転車を漕ぎながら将来について考えていました。『自分のやりたいこと』『過去にやりたいと思ったことは本気だったのか?』『自分の中で何が一番なのか?』そんなことを取りとめも無く考えていました。
 年齢的にアラサーということもあり、バイト先の上司は、私が正社員を目指して入ってきたと思っているらしいです。しかし、求人案内で見た限り、この会社で正社員になれる可能性はかなり低いし、契約社員へ上がるのも相当難しいことは読み取れました。そして、そもそも私はこの会社で正社員になるつもりはなく、バイトである程度在籍したら辞めることを念頭に応募しました。
 先輩の話によると、バイトが契約社員になれる可能性はかなり低く、正社員になれるのは契約社員の10名に1人程度。しかも、今は正社員枠の空きが2つで、そこに入るであろう契約社員2名がいます。つまり、バイトを母数とすると、正社員になれる可能性はほぼ無い、ということになります。

EVANGELION 2.0PageTop給料日

Comment

なんだかあれですなぁ、接客はお店の人によりけりですよねー。
フレンドリーに話してくるところもあれば、人によっては
言葉丁寧に話したりと。
以前少し気になったのは、こちらの口調が丁寧語になれば、向こうもそれに合わせてくるということがありました。電器店です。

何も挨拶もないとなるとちょっとおかしいなーと思いますよね。

この先、辞める辞めないは別にしてもお金をもらう分の働きは
しなければいけないから、基礎的なこととその会社の水準になっている
「ある程度」を把握して、やりすぎずやらなさすぎずでうまいこと
やってくださいw

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

>あげたこさん

まさにあげたこさんの言う通りで、「やりすぎずやらなさすぎず」というのは重要なことであるように思います。私の理想はそれなのですが、上司は“正社員になれるだけの努力”を求めてきており、その点の乖離がかなり問題となっています(^^;
 経験的に、スタンスとして「やりすぎずやらなさすぎず」でいくと何となく上手くいくような気がするのですが、今は妙に力んでおり、それも失敗原因になっているように思います(^^;

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/753-6fd216c7

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。