車選び。

さて、この前から車を割と本気で選んでいるわけですが・・・。

『求めれば、されば与えられん』
ということで、親の知人が車を1台手放す、という情報が飛び込んできた。車種は新規格の某軽自動車(国交省自動車アセスでの運転席の結果(5段階評価):フルラップ;レベル3、オフセット;レベル4、側面衝突;レベル4)。価格は20万円でいいそうだ(勿論保証無し)。修理歴有り。
 どのような事故に遭ったか訊いたところ、カーブで対向車がはみ出してきて、ギリギリまで左に寄ったけれど衝突してしまったそうだ。つまり、オフセット衝突(運転席側)。修理自体は保険でしっかりなされており、走行に支障は無いらしい。
 しかし、1度事故に遭ってフレームを直している車はどうしても強度に不安が残る。何故なら、衝突して曲がったものを再度曲げて直すので、多少なりとも金属疲労が発生している可能性がある為だ。特に前面衝突の場合、エンジンの他、操舵等、複雑なシステムが集まっており、暫く乗ってから顕出してくる不具合も考えられる。自動車に詳しい人の中にはこの理由から、中古車は買っても事故車は買わない、という人もいる。更に徹底した人になると、仕事で中古車販売をしていても、自分は新車しか買わない、という人もいる。
 そう考えると、非常に不安のある物件ではある。これは前にも書いたけれど、交通事故は自分が気を付けていても、今の例のように、貰い事故に遭う可能性もある。1度目の事故では、ほぼ、メーカーの想定する強度で衝突したものの、2度目はそうはいかない可能性もある。
 そういうことで、その車は選択肢から外れているのだけど、それ以外の車の中にコレといった車が無い。
 それで、何故そんなに悩むかと言えば、ここが降雪地域だからだ。雪があまり降らなければ2WD車も躊躇い無く選択肢に加えられるのだけど、ここではそうはいかない。そこで4WD仕様車から選ぶことになるのだけど、それがネックとなっている。例えば、日産やマツダのe-4WDは雪国ではあまり役に立たないとか、でも、スバルのように常に4WDだと雪の無い時期に燃費が嵩むとか・・・。

NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010PageTop茅原実里「Message03」店頭用映像

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/705-d6092dab

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links