フルボッコ

 月曜、火曜、水曜と、3日連続で不採用通知を受け取った木曜日、つまり今日、俺はある小さな水産加工会社の採用試験を受けに行った。因みに先週は、1日に2通、不採用通知が届きましたw
 試験会場に通されると、用意されていた資料は3人分。採用人数は1人ということなので、まあ、大体こういうものだろう。しかも、ホワイトボードには、『面接試験』の他、『筆記試験』の文字がっ!?きっ、聞いてねぇ・・・orz
 SPIも常識問題対策もやっていないことを後悔しても後の祭り。いや、よくよく考えてみれば、募集要項には新卒も対象と書かれており、ちょっと考えれば、中途採用試験ではないことは明らかだ。となれば当然、筆記試験があることなど容易に想像出来た筈だ。
 時間になり、採用担当者らが入ってきた。でも、こちら側に座っているのは2名。そう、1名足りない。その1名は遅刻だそうだ。しかも、これは後で話の流れでわかったのだが、今回唯一の新卒者。案外、こういう人が出世株になると思うんだよな~。心の中で『(彼を採用すべきだ!)』と思ったのはヒミツですw
 数分後、全員が揃い、会社説明が終わったところでまずは面接試験。

で、ここからが本番w

幾つかの質問の後。

面接担当者1:『履歴書の職歴欄と職務経歴書を見ると、履歴書の方には一部しか書かれていませんが?』

俺:『はい。全ては書ききれなかったので、主なものだけを書かせていただきました。』

面1:『我々はまず履歴書を見て判断するんだよ!だからなるべく履歴書に書くようにしろよな!』


え~、面接で、怒られました(汗
年齢もかなり高めの方で、結構本気でイラついた感じでした。就活ハウツー本で、『履歴書の職歴欄に書ききれない場合は、主なものを書く』とあったので、そうしたのですが・・・(汗
 何か最近、妙に『学歴・職歴欄』にスペースを割いている履歴書が多く売られているのは、非正規労働で職歴が多い人が増えたことが関係しているのだろうか・・・?今まで、面接で不備を指摘されたら直すようにはしてきたものの、今回のような指摘は初めてなので、他社でもう一度同じことを指摘されたら改善しようと思う。

面1:『趣味は?』

俺:『アニメ鑑賞とネットサーフィンサイクリングです。』

一度でいいから『アニメ鑑賞』と答えてみたい。でも、エンタテインメント系の会社でもない限り、即刻で不採用決定だろうな。

1次面接なのに、社長登場w
小企業はこういうものなのか?


面接担当者2:『今日はどのように来られましたか?』

俺:『はい。
(冬は遅れる)バス、
(冬は遅れる)JR、駅からは
(凍結路面に注意しながらややゆっくり目の)徒歩で来ました。』

面3:『何処の駅からですか?』

俺:『●●駅です。』

面3:『それだと20分位ですか?』

俺:『いいえ、(夏場は)25分位です(今日は30分位掛かった。因みに、その方向へ行くバスは1時間に1本)。』

面2:『・・・車は持っていないのですか?』

俺:『はい。』

面2:『・・・・。営業の仕事は車が無いとできませんよ?』


『はい。車は働くようになったらすぐに買います。』と、これまでも何社かでした回答をするも、やはり今回も大幅なマイナス点となった印象は否めない。

面1:『これまでかなりの期間、就職活動されているようですが、(履歴書を)見た感じ、資格を取るとか、あまり努力しているようには見えないのですが?それと、今まで何社位受けましたか?』

 え~、本日のクリティカルヒットな質問でした。確かに、面接担当者の言う通りではあります・・・。俺の友人の中には、今年、就活(転職活動)を一定期間中止して資格を取り、それから再挑戦しようとしている人がいる。やはり、その方がいいのだろうか・・・?
 それと、後半の質問について。先週、今週と既に5社落ちているわけですが、そこから単純比例式で計算しないで下さいね。リーマンショックから暫くは受けられる会社すら無かったので。

 で、面接での憂さを晴らすべく、筆記試験は全力で取り組みました。『簡単だから』と言われた通り、実際簡単でした。救いは外国語が無かったこと。商社を介して原料を仕入れているので、社員は英語やロシア語を話せなくても困らないらしい。

 それにしても、面接では色々と見透かされる。『営業職なら何でもいいんだろ』とか、『大手がいいんだろ』と指摘されました。実際、半分は当たっているけど、残り半分は自分でもよくわからない。それと気になるのは、ただの気のせいかもしれないけど、面接担当の中にいた割と若めの人が、俺のことを知っているような感じだったんだよな~。同じ大学の人なのだろうか・・・?

 そして会社を後にする。帰り際、ディーラー系の中古車店と、割と大手の中古車販売店を覗く。やはりディーラー系は、通りから見え易い所に自社で人気のある中古車を並べている。
 その次に覗いた販売店には、現行モデルの車が置いてあった。やはり、こういう車は人目を惹くもので、選択肢に無いにも関わらず、マジマジと見てしまう。これを買った場合、『新車を買った』と勘違いして貰える可能性もあるわけだ。ただ、悔やまれるのは2WD仕様であること。雪道では少々不安。どうりで、通りからは見えづらいところに置いてあるわけだw

黒ごまあん
帰り道、歩いていたら小学生位の女の子にぶつかって無理矢理奢らされたわけではありませんw

チロル8種
先日のみのりんのBLOGに登場。

紗々
こちらも以前のみのりんのBLOGに登場。

きなこもちのケーキ
ついで。

SWEETS TORTE
レコーディングの時にみのりんが買っていったお菓子・・・だと思ったら、チーズケーキ味の方だった・・・orz

チーザ
さらについで。割に塩分強めなお味でした。

キリン 世界のハイボール 樽熟ウイスキー&ソーダPageTop水樹奈々トレーラー@横浜アリーナ

Comment

大変ですね

面接を受けていると、どうしても指摘されたことを受け止めがちですよね。
私も最近行った就職活動では、最初に面接を受けた会社で自分の意見を述べたら、かなりぼろくそに評価されました。

しかし、他社ではむしろその意見を高く評価してくれましたし、結局その考え方が最後の決め手のひとつになったことを入社後教えてもらえました。
真摯に受け止めるのは大切ですが、あまり気にしすぎないほうがいいですよね。

>ひだひださん

確かにその通りなのかな、と思います。
勿論、面接担当者は“プロ”なので、直すべきところは直すようにしています。ただ、他社で指摘されなかった部分はその担当者の主観かもしれないので、その点は様子見で・・・(^^;
就職活動も“お見合い”に例えられるように、結局は『反りが合う・合わない』という所に収斂するのでしょうね・・・。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/695-7d870acd

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links