4WD(AWD)

 ひとつも内定がないまま、1年の6分の1が終わろうとしている。最初に就職する迄1年以上かかったわけですが、そのときも、あっという間に半年とか過ぎてたな。某ラジオ局へ提出する履歴書に日付を書こうとした瞬間、6月も終わりなことに気づいてそうとう驚いたっけ(^^;

 さて、4WD車には、『フルタイム』と『パートタイム』があることは以前から知っていた。
 最近のフルタイムは、常に『50:50』の配分ではなく、『30~50:70~50』というパターンが多いらしい。そして、パートタイムは『0:100→50:50』になるタイプのものを指すのだけれど、詳しく調べるとそうではないものがあることを知る。それが、日産車とマツダ車が採用する『e-4WD』。
 このe-4WD、発進時はリアモーターが発動して4WDになるのだけど、発進後は概ね15~30キロを過ぎるとモーターが停止してFF駆動になる、というもの。また、モーター発動速度内であっても、一定時間経つと自動的にFFに切り替わる。日産のHPを見たところ、専ら発進を助けるためだけのシステムであるように読める。つまり、走り出してしまえば普通のFF車と同じ、ということになる。切り替えスイッチを4WDにしている間はトラクション制御機能が働くものの、峠越えとか大丈夫なのかな、と思ってしまう。自分の周りにはe-4WD車に乗っている人もいるのだけれど、その車で真冬の峠越えをした人がいないから非常に悩むところ。街中ならFFでも全然大丈夫なわけだけど、北海道の内陸や長野にありそうな、勾配のキツイ坂は上れるのだろうか?今のところ、そういう場所を走る予定は無いものの、やはり、いざという場合には備えておきたいわけで・・・(^^;

ホットケーキ
秋乃光陽
Posted by秋乃光陽

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply