戦争

 先日、東京大空襲の賠償を求めた訴えが棄却された。そんな記事を読みながら、祖父母らから昔聞いた、戦時中からその後の話を思い出してみた。

 祖父は予科練出身のパイロットで、昔は祖父の家へ遊びに行く度に零戦の話を聞かされていました(^^;
その話の中で、戦時の緊迫感を表す特徴的なエピソードがこれ。
 飛行機で補給艦の護衛をしていたところ、水面付近に細長い移動物体が見え、それを敵の潜水艦だと思って攻撃したところ、それは鯨だった、というお話。今にしてみればただの笑い話だけど、当時が如何に緊張した状態であったかが窺える。

 そして次は、おばから聞いた、終戦後まもなくの頃のお話。夫婦で汽車に乗って知人宅へ行った帰りのこと。知人宅が農家で、お土産に野菜を貰ったそうだ。駅に着いたところで警察から持ち物検査を受け、野菜を全て没収されたそうだ。当時は配給制であり、多分、農家が自家用に作ったものであっても、貰うことはルール違反だったのだろう。ただ、恐らくだけど、家庭菜園で作ったものであってもOUTだったような気がする。
 その没収された野菜が配給用に回されたのだろうか、という疑問があるが、本当に厳しい時代だったのだな、と思う。

 もし仮に、今、日本が戦争になったらどうなるのだろう、という疑問がある。

茅原実里New Single『PRECIOUS ONE』12/23発売PageTopふたご座流星群 14日昼にピーク

Comment

No title

今年父方と母方の祖父が亡くなりました。
祖父から戦争の時代の話をすることはなかったのですが、
こちらから聞いたり、親父から間接的に聞いたりして
当時の状況を耳にしていました。

母方の方は戦闘機の整備士で戦地に行くことはなかったそうです。
父方のほうは満州へ行ってたという事で向こうの方に優しくしてたおかげで
敵兵から匿ってくれてたとか。
2人ともあまり戦闘には直接関与してなかったようです。

一番鳥肌が立ったのは父方の祖母が瀬戸内海に面したところに住んでたのですが、アレです。広島の原爆の光を見たと。

愛媛の反対側ですからね。少し違えば愛媛にも落ちてたかもしれない。
そしたら自分が生まれてないんだよなーと。ゾクっとしましたよ。

>あげたこさん

原爆の光が見えた、というのは衝撃ですね。
祖父母共、亡くなってしまったのですが、
今頃になって、
『もっと戦時の話を聞いておけばよかった』
と後悔してます。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/635-715a58ad

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links