茅原実里『PRECIOUS ONE』PV、配信開始

配信はニコニコ動画の『Lantisちゃんねる』と、Youtubeの『Lantisチャンネル』の2系統。





 作詞・作曲は2nd Album『Parade』収録の『光』&『everlasting...』でタッグを組んだこだまさおり(詞)と藤末樹(曲)。
 何となく詞の世界観が『光』の後日談、という印象。まだ発売日前なので歌詞を見ていないのだけれど、詞的な表現も多く、そこにこだまさんのセンスを感じました。

 ある日、ふとしたことを切欠に、昔付き合っていた男性のことを思い出す。まだ完全には吹っ切れておらず、未練も残っているのだろう。でも、その後悔の渦からは一歩抜け出して、“良い思い出”に変わりつつあることも確か。
 もし当時に戻れたとしても、やはり“離別”を選んでしまう。それは、その当時抱いていた夢が、自分にとって本当に大切なものだったから。それはどうしても譲れない。そして、相手もまた、自分と同じように夢を抱いていた。お互いのことを本当に想うなら、“別れ”を選ぶことこそがお互いの為になることだった。そして、その選択をしたことを今も後悔していないから、もし昔に戻れても、違う選択をすることはないのだ。

 『光』でもそうだったけど、本当に共感を覚える詞です。ただ、この歌の主人公と違うのは、“彼女は大人だ”ということ。彼女は『愛してる』と宣言している。そこが、僕との違い。僕は、何となく女性を好きになったことはあっても“愛してる”というレベルに到達したことは無いし、当然、『愛してる』と言ったこともありません。正直あの頃は、今よりももっと未熟でした。玩具を欲しがる子供が、その場しのぎの言葉を発するような、そんな感じ。ただ好きなだけではダメ。単に優しいだけなのもダメ。異性とは言え相手は人間。誠実さが求められます。

 曲について。内容が切ないので、基本的に抑え気味だけど、サビでは込み上げてきて抑えきれない気持ちを表している感じ。基本的にテンポはややスローで、しかも、急激な変化が少なく、綺麗な曲線で流れていくようなメロディーライン。
 間奏前に高く突き上がっていって、みのりんの歌声が裏声に変わる部分もイイ感じ。

 PVについて。パッと見は美術館を連想させるけど、多分、これは“彼女の思い出の中”。物が飾られたケースや絵の入っていない額縁がある。それは元々入っていなかったのかもしれないけど、多分、“忘却”を表しているのだろう。
 また、歌が進むにつれ、みのりん演じる主人公がケースから抜け出している。それはきっと、“過去”という束縛からの解放。

 それにしても、やっぱみのりんは綺麗だし可愛いな。みのりんをPVとか写真でしか見たことの無い人は、みのりんのことを『知的な女性』とか『落ち着いた大人』とか思うらしい。
 ・・・一般的に、清楚な感じの美人は大抵そういう風に思われるのだけど(^^;
 でも、本当は、レコード会社に置いてある鮫の置物に頭を入れて、
『突然謎のサメに襲われました』
とか言っちゃう可愛らしい人なのです。お付き合いするなら、こういう、茶目っ気のある女性がいいですね(^^
 反対に、『可愛いと思うものは何?』と訊かれて、真っ先に素で『宝石』と答える女性とはお付き合いしたくありません。

続・才能のお話。PageTopみのりん雑誌掲載情報

Comment

茅原嬢は

ぱっと見、清楚なお嬢だよねぇ。
中身は相当愛らしい人物のようだが(笑)

『可愛いと思うものは何?』と訊かれて『宝石』と答える女性はまだしも
「お金!」って本音で思っているような女性、案外多いと思うぞ(笑)


PVは観たかな?

『欲しいものは何?』
と訊かれて
『おカネ。』
と答えるのはわかる。・・・オレだってきっと同じことを言うさ(^^;
でも、『可愛いと思うものは?』
と訊いて
『おカネ。』
と言われたらドン引きするけど(汗

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/631-22d9b03b

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links