スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報化社会の功罪

 NETが発達した現代、チェックしきれない量の情報が溢れかえっている。そのお陰で、有名人とNETを介して会話できたりもするのだが、反対に、先日の『ねんどろいど 秋山澪 発売』のように、何かを失念したりすることもある。実は今日、NETを見て思い出したのが、『劇場版 東のエデン』。この映画が28日から公開されていることを思い出す。
 それでも、せめてもの救いは、自分にとって精神的ダメージの大きい情報に触れる可能性は極めて低い、ということだろうか。

 さて、能書きはこれ位にして、今期(2009年第4四半期)は北海道をメイン舞台にした作品が2作品あることに気付いた。それは、『生徒会の一存』と『君に届け』の2作品。尚、著者は両名とも北海道出身。『君に届け』は札幌テレビ(STV)で放送されているが、『生徒会の一存』はBS(日テレ)のみ。

 『君に届け』は北海道(札幌)をメインに、他の場所を組み合わせている(著者談)。主人公達が通う高校のモデルは札幌北高らしい。ただ、アニメでは校舎内のみのシーンが多く、舞台が札幌であることすら検証困難である。この点は原作で追求する他無いようである。

 そして『生徒会の一存』は、舞台は著者の出身地でもある、帯広近辺(北海道)らしい、ということなのだが、現状では不明。主人公達が通う高校のモデルは、中心部に大隈講堂にそっくりな建物があり、大学並みに敷地が広いのだけど、早大がモデルではない、というのは映像からわかる。主な校舎のモデルは中央大の付属高校をモデルにしているのではないか、という意見もあるが、これも検証されていない。

生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]
(2009/12/11)
本多真梨子/斉藤佑圭

商品詳細を見る

政党ビラ配布の有罪確定へPageTopやっぱ転売目的か。

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/613-c21f1bbe

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。