サッポロ CLASSIC '09 富良野VINTAGE

'09 富良野VINTAGE

 今年も出ました、サッポロ クラシック '09 富良野VINTAGE。昨年飲んで感動した1本。
 現在のビール醸造では、ホップが劣化するのを防止するため、収穫されたホップは乾燥後、ペレット状に加工された上で使われる。この『クラシック 富良野VINTAGE』は、収穫した富良野産ホップをそのまま使用しているところが特徴。それだけでここまで大きく味が変わるのか、と思わずにはいられない。因みに、生のままホップを使うのは、他では、アメリカの某地ビールメーカー位らしい。尚、本日発売になった『キリン 一番搾り とれたてホップ 生ビール』は、ホップを一度凍結させ、そして、粉砕した上で使用しており、この点が富良野VINTAGEと異なるところ。

香り:
ホップの香りよりも、麦汁由来の香りの方が強いかもしれない。ホップを生のまま使うと、案外ホップの苦味は出ないのか?

味:
心地良い苦味があり、その次に麦由来の甘味や香ばしさを感じることが出来る。やはり、感動的に美味い。
秋乃光陽
Posted by秋乃光陽

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply