ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破

 観るのは2度目。内容を結構忘れていたものの、
「(どうせまた忘れるから、『Q』公開直前にDVDで観ればいいや。)」
と思っていた。しかし、『ヱヴァ』の持つパワーに負け、再度観ることにする。

→1回目の感想はこちら

 チケットを買い、20分位前に行ったら、
『15分前から入場開始になります』
と言われたので、少し待つことにした。スナックをつまみながら待っていて、空袋をゴミ袋に捨てに行った所、入場開始前だというのに、かなりの人数が並んでいた。列形成するとは予想外。最初に行った時点で列形成しててくれれば、かなり前の方に並べたはずなのに・・・。
 入場率は7割、といったところか。上映開始直後と、最終日近くは混む、というけど、本当にその通りらしい。
 入って気になったのが、マナーの悪さ。入場者数が増えそうな感じがあり、係員が手荷物を足元や膝上に置くように指示を出した直後に、隣に人に座って欲しくないと思った若者が突然荷物を隣の席に置いたり。他にも、中央辺りに座った20代前半カップルの彼氏が、両サイドの人の前を通りたくなかったらしく、シアター内を横切る通路にある手すりを跨いだり。それに対して彼女は何も言わず。やはりお付き合いするなら、悪いものは悪い、と言える女性がいいな。
 そして、30代前半と思しき夫婦の夫のマナーが酷かった。その男性は口を手で塞がず何度も咳をしていて、完全に自宅の居間で鑑賞している感じ。しかも、1人そういうのがいると、マネする人が何人も出るから厄介だ。多分に、彼らの前の席の人達は不愉快な思いをしていたことでしょう。当然、咳が酷いので、上映開始前には周囲の人達が何度かその男性を見ていたのだけど、それに気付いて誰に訊かれたわけでもなく、隣にいた奥さんに大声で『器官が~~~』と言い訳していましたよ。更に、想像に難くないかもしれませんが、EDになった瞬間、またも大声で奥さんに喋り始めていました。彼らの周りに暴力団員とかチンピラみたいな人達ばかりが座っていたら、何か違ったのかな?
 他にも、ここまで来たら、『皆1度は見ているだろう』という一方的な思い込みで、堂々とネタバレトークしてる人達もいたし。
 あと、上映開始からかなり経ったせいか、フィルムに埃がかなり付いていたようで、相当ノイズが目立っていた。映画を観るなら早いほうがいいのかも。

 映画そのものに関しては2度目、ということで、忘れている部分を補完できた。更に、1度見ていると余裕が出来るもので、オペレーターの声の中に、さあや(大原さやか)がいることをきちんと確認できました。それでも、大川透さんとかは気付けなかったので、まだまだだな。
 ところで、もはや恒例になりつつあるが、帰宅後はサッポロ ヱビスを飲みました。

チロル

友人達と食事する。PageTopサマーウォーズ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/515-dbf26f79

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links