他人の価値を貶めても自分の価値を上げることにはならない

レイラ・ハミルトン(カレイドスター/オーディオドラマ#2/明日の すごい カレイドスター・トーラスステージ)の名言。言われてみればその通りだけど、聞いたときにはすごく納得した。自民党が民主党をもの凄い勢いで批判しているけど、単に相手の足を引っ張るだけでは、自分にとってメリットは無いような気がする。
 今は衆院選を例に挙げたけど、職場なら、上司から良い評価を得ようとしてライバル社員(同僚)を陥れようとしたり、私的なところでは、好きな人に振り向いてもらおうと、兎に角恋敵を貶したり。
 結果、相手を陥れることに成功したとしても、反射的効果で自分の評価が高まることはないだろう。公然と正面切って他人の悪口ばかりをいう人間に魅力を感じるだろうか?

[新]涼宮ハルヒの憂鬱 第22話『涼宮ハルヒの溜息Ⅲ』PageTop第45回衆議院議員総選挙

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/466-6cdee9c3

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links