体脂肪率6%なのに糖尿病の危険性

 今日、この間やった献血の血液検査の結果が届いた。コレステロール値が170近いのも十分ヤバイが(高校時代は140台)、その中の『グリコアルブミン』という、今年から加わった項目の数値を見て、とてもイヤな気持ちになった。一応、数値的に16.4%未満であれば良いらしいのだが、『15.6%以上は注意が必要』とも書いてあった。調べたところ、
『12.4%~15.6%未満:標準値』
『~16.5%未満:標準高域』
『~18.3%未満:境界域』
『18.3%以上:糖尿病域』
となっていた。
 そんなオレの数値は『15.0%』。ギリ標準値内。
『標準値内だからいいだろ』
と言われそうですが、僕のBMI指数は『18.0』、体脂肪率は『6%』。毎日そこそこ運動しているつもりだけに、これは非常にショックな数値。
 体脂肪率を3%とか、アスリートやモデル並みに落とさなければならないのだろうか…?

一番搾り

悔しいから飲んでやった。メタボの基準でも思ったけど、厚労省の基準って厳し過ぎないか?

PageTop進むべき先

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/426-7f6bf43a

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links