東京マグニチュード8.0

0 Comments
暗闇の中を歩く旅人
 現在フジテレビ系で放送されているこの作品。現代の人間模様を本当に上手く描けているように思う。
 主人公は中1の女の子(未来)と、その弟(悠貴/小3)、そして、震災時に未来と一緒に弟を探してくれたシングルマザーの真理。
 未来は自分勝手で被害妄想が強い割りに、知らない人には強い態度に出られないし、全く信頼しないタイプ。ただ、未来の周りにいる、未来より年上の“下らない人達”が未来をそういう性格にしているのかな、と思わせられる。僕らの周りにもいますよね、他人のちょっとした、ミスともいえないようなことを見て嘲笑を浴びせたり、『年下』というだけで他人を見下している人が。
 ただ、アニメのお約束的展開ということで、ありえない位、未来に次々と災厄が降りかかってくる。これは、見ていてやりすぎの感もある。
 さて、この作品は震災直後の東京を描いているわけですが、そこに描かれている人間模様を見て不快に思っている人も少なからずいるようです。ただ、阪神大震災が起こった直後と比べると、皆、かなり冷静に描かれているように思う。多分、阪神大震災のときの状態をそのまま流用したら、放送できないんだろうな。
暗闇の中を歩く旅人
Posted by暗闇の中を歩く旅人

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply