日本版の地産地消の必要性

 実は1~2年程前、本気で農業に就こうか考えた時期があった。そこで色々調べてみると、まず、農業は兎に角人手が必要であることがわかった。かつての日本や、お隣、中国の農村部がそうであるように、現実問題として、『家族=労働力』なのだ。そうわかると、農家がお嫁さん探しに必死になることに納得がいく。
 そして、次に問題なのが収入。海外での需要が高い作物を作っている農家はかなりの高収入であるようだが、基本的にそれは例外で、大抵の農家は低収入である。NETを検索すると、農業従事者の書くブログを見つけることが出来る。そこから窺えるのは、ポテトチップス用のじゃが芋や、ホップのように、畑の作物を全量買取してもらえる農家であっても経営が厳しい、ということ。メインの作物以外にも2~3品目作らないと生活できないらしい。今は嗜好品に使われる作物を挙げたけど、米も野菜も基本的には同じ。『日本の食を支えている』という矜持があるからやっていられるが、これ以上経営が厳しくなったら離農を考えなければならない、といういことも書かれていた。多分、米の減反・転作に関して揉めているのもそういう理由があるからかもしれない。
 では、農家の経営を支えるためにはどうしたらいいのか、という話になる。現在も大幅な税控除や補助金援助があるのだが、それでも苦しいというのだから、農業経営は本当に大変なのだと思う。それならば更に補助額を増やしたり、農家は税金を無料にすれば良いのか、ということになる。私自身は少なくとも、日本の食を支えているのだから、税金はタダ同然でも良いように思うのだが、補助金をどんどん注ぎ込む、ということに対しては疑問を抱かざるを得ない。
 それならどうすれば良いのかと言えば、答えはある農家の一言にある。『日本人全員にあと1膳、多く米を食べて欲しい』。要は、我々が日本製品を買えば良いのだ。これは米に限らず、日本産の小麦を使ったパンでも良い。
 結局、日本の農作物の消費が伸びない限り、現状を打破することはできないのだ。

走り出したい衝動PageTopTomorrow's chance(茅原実里)、発売!

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/322-76a73386

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links