スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独断的に外交的視点からWBCを斬る

この記事は私が独断と偏見で記載するものです。あくまでも妄想ですので軽く読み流して下さい。

WBC準決勝。

アメリカ:「今日は第1回優勝の日本が相手か。やはりここは開催国の面子を保つ意味でも絶対に勝たなければならないな。…ん~、でも待てよ。日本は外交的に重要なパートナーだし、この前ウチのせいで日本にまで大損害を負わせちまったからな。ここは日本に花を持たせておいてやるか。」

準決勝後。

アメリカ:「決勝は日本vs韓国か。」「おい韓国、ちょっとここは日本に花を持たせてやってもらえないだろうか?もし聞いてくれたら、通商協議の要求、考えてやってもいいぞ。」
韓国:「それはプライドにかけて出来ない相談だ。過去の戦争責任は勿論、独島問題もある。それに、通商協議ではアメリカの方が不利なのでは?」

決勝。
韓国・日本:「(絶対に譲れない!!)」

独断的に外交的視点から北朝鮮衛星問題を斬るPageTop涼宮ハルヒの憂鬱 第8巻

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/250-02d4d99c

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。