fc2ブログ

fripSide Phase2 Final Arena Tour 2022 -infinite synthesis:endless voyage-

@さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)

詳細は専門サイトに載ると思うので感じたことを。

初日、23日はB3ブロック。神戸はB2だったのだけど、感覚的に左へ数メートルずれた感じ。
セトリは超電磁砲を網羅し、その他楽曲もほぼベスト。正直、2日目何やるの?という感じでした。

その2日目。

初っ鼻からclockwork planetをブチ込んできて、いきなり全開モード。
選曲としてはcrossroadsからセレクトしてきたのかなーと。このツアーで本当にファンになった自分としてはとにかく最高の一言。
そのブロックが終わるとこれまた推し曲のEdge of the Universe、under a starlit sky、BLACKFOX、Love with Youと続く。何となく時系列をなぞってるのかなーと思いつつ、とにかく高まりを抑えられない。
この後のセトリを見ると、それはほぼ正解であったと言える。
Dear Allでは南條さんが感極まって歌えなくなったシーンがあるのですが、そこでsatさんも目頭を押さえていて、お二方の13年の積み重ねを感じたような気がしました。恐らく、これを見て一緒に涙したお客さんもいらっしゃったかと思いますが、自分は2人の関係性が見えたような気がしてむしろ嬉しい気持ちになっていました。

そして、個人的にハプニングだったのがinfinite synthesis。南條さんが1コーラス目を歌い終えて、後ろを振り向いて『せーの!』と言った次の瞬間、第3期の2人が。正直この瞬間、一気に冷めました。南條さんの卒業公演なので南條さん単独で終えてほしいと思っていましたが、でも、第3期の2人の紹介があるかもしれないことは十分想定していました。その意味で想定しうる最悪の事態が発生した瞬間でした。
この後1stシングルの曲を歌唱するわけですが、satさんの、一生懸命練習しました、という一言で冷静さを取り戻しました。若い新人さん、ここで冷たい態度を取っては2期fripSideファンの名折れということでしっかりペンライトを振らせていただきました。でも正直、自分の周りでも若干名、棒立ちだったりペンライトの振り方が南條さんのときと全然違う人はいらっしゃいました。
初の舞台がSSAのスタジアムモードなわけですが、次は自分達の実力でSSAスタジアムモードのステージに立てることを陰ながら祈っています。自分は南條さんと共にfripSideから卒業しますが。
スタッフさんがお客さんのツイートをチェックしているのは初日のMCで明らかになりましたが、今回の卒業公演のステージに3期の2人が立つことに反対意見があることも把握していたと思います。それを当人達に伝えていたかはわかりませんが、南條さんも最初そうであったように、受け入れてもらえるだろうか、という不安は抱えていたように思います。
1期と2期は空白期間があり、引き継ぎがなかったことを考えると、お客さんの見えないところでやるよりは(MCで南條さんが新人の2人に色々指導していたことが明らかになりましたが)、人前で揃って顔見せすることで引き継ぎ感が出て良かったのかな、と。南條さんは卒業するわけですが、fripSide自体は続いていくわけですし。

今回、何故3期の2人が登壇するに至ったかは不明ですが、売り上げ低迷が想定されるので少しでも露出を増やし、1期2期のファンに3期も支持してもらいたい、というレーベルの思惑もあったのかもしれません。

この次にVTRが流れるのですが、完全にエンドロールでした。これで次のブロックで終わりなのがわかりました。

卒業公演、どうなるのかと思っていましたが、とても楽しく参加することができました!本当にありがとうございました!本当に素晴らしいライブでした!
秋乃光陽
Posted by秋乃光陽

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply