スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みのり 純米酒

IMG_3350.jpg
(左が生酒)

純米酒みのり生酒(要冷指定)

アルコール分18度

精米歩合70%ということで、口に含んだときに原料米(萌えみのり)の風味を微かに感じる。
日本酒度+2ということで、辛口寄り。酸度1.8ということで、酸味も強く、記載以上に辛口に感じる。
個性を強く感じるのは精米歩合によるものと考えられる。
精米歩合を低くして純米吟醸・純米大吟醸を作ったらどんな風に変化するのか気になるところではあるが、原料米がそこまで普及するに至っておらず高価なため、原料米の萌えみのりを時々購入して栽培拡大に微力ながら貢献したいところ。


純米酒みのり

アルコール分15度

冷蔵庫で冷やしてのテイスティング。

生酒同様精米歩合70%、アルコール分は15度とやや低め。
日本酒度+2、酸度1.8は共通ながら、生酒よりも大人しくまとまっていて飲みやすい。
酸度がそこそこあるものの、生酒のような主張はなく、だからといって甘みが前面に出ているわけでもない。
個人的にはこちらの方が好きかなー、と。

12か月点検、新車購入へPageTopタイヤ交換

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/1686-9923cac0

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。