スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩人の旅(茅原実里)について語る

自分が詩人の旅で特に好きなフレーズは次の2つ。

『思い出抱きしめる人に私が出来るのは夢を語ることだけ』

『迷いながら憂いながら愛を詩にする旅へと誘う』

前者は主人公である詩人が己の無力感や諦めを語ると同時に、旅立ちへ向けて、自分の目の前にあるものを捨てようとする強い決意が読み取れる。

そして主人公は出発の旅路に立つ。そこでの葛藤を歌うのが2つ目のフレーズ。

この曲を歌う茅原はデビューから長らく苦難を強いられ、それでも諦めず夢を追い続けた芯の強い女性。そんな彼女が歌うからこそ、前半の苦悩、後半の力強さをしっかりと引き出せるのだと思う。

そして、ラスト手前の、回想を歌うパートでは、彼女の優しい歌声が、つらい過去が良い思い出へ変わっていっていることを示唆してくれている。
そのまま曲は終わりへ向かい、主人公は何度もつらい思いをしながら、そしてそれを克服し、その度に強くなっていっていることを窺わせる。

初めは迷っていた主人公。しかし、実際に厳しい旅路へ立ち、何度も楽しかった頃を思い出しては挫けそうになるも、その度に前を向いて歩いていくうち、旅立った時よりも、一回りも、二回りも大きくなった。

自分はこの曲からそういうメッセージを受け取っており、それ故、この歌が好きだったりする。勿論、これらの歌詞の意味を引き出してくれる曲の素晴らしさも言うまでは無いだろう。

今週も皆でカラオケ行った。PageTop寿美菜子1st Album『My stride』

Comment

この文章を読んで、改めていつかゆっくり語り合いたいな、って思いました。


それからこんなに深い思い入れがある曲を、私なんかがオフ会で歌って良いものか…ともw


私も一応独自の解釈があって…
あまり書くの長くなるので1番だけ(*ov.v)o


『思い出抱きしめる人に
私が出来るのは 夢を語ることだけ』
この私って未来の(今の私が目指す)私なんじゃないかなって。
思い出抱きしめる人が今の私。

『大きな世界でただひとり
あなたを待ってるわ 運命の出逢いが』
これは待ってるのが未来の私、あなたが今の私。


『明日手に入れると
決めた時初めて
願いを叶える道に立つ』
決意するだけじゃまだスタートラインに立っただけ、やっとスタート地点だよって…
未来の私が今の私に言い聞かせるような…。


『迷いながら 愁いながら
愛を詩にする旅へと誘う 黄砂の果て
風は速く熱く 切り裂かれて
痛みが増す程に 強く強くなれるでしょう』
未来の私は思い出しながら、今の私は立ち向かっている最中で…
そんな2人の私が1つに溶け合うような…


説明下手ですみません(>_<)


詩人って、「詩(うた)う人」って書くじゃないですか?


だからきっと今の私がこれから目指す完成された(…って言い方ちょっとしっくりきませんがorz)歌手になる過程を歌ったのかなって私は解釈しています(≧ω≦)b


長くなってすみませんでしたwwwwww

>闇深ちゃん

なるほどー。確かにそういう解釈もできるね。そこまで考えたことは無かったな。
今度は2番以降の歌詞についても解釈聞かせて下さい!
あと、カラオケでは遠慮なく歌ってください。別に遠慮することないよ(^^

No title

ふむふむ再スタート曲と言うこともあり、
詩のつくりもすごく芯のあるものになってますね。
改めて良さが分かりました。
さらにこの曲が好きになりそうです(*´д`*)

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

>あげたこさん

確かに、再スタートの曲ですからね。
作り手もそうとうな気合を入れていたように思います。
改めて聞きこむことで、新たな発見もあると思います(^^

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/1405-7c7e6db7

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。