スバル・ステラ(LA)試乗

車検に出した際、用意していただいたのは現行モデルのステラ。ベース車両はダイハツ・ムーブ。外観は微妙に違うのですが、パッと見で違うのはロゴくらい(^^;
でも、最初に用意されていたのはインプレッサ。代車のキーにつけられたタグに『GH3』の文字を見つけた時には軽くテンションが上がったのですが、車検が終わっても仕事ですぐに受け取りに行けない旨話したら変更になりました。
ただ、急遽用意されたステラですが、登録は昨年で、走行距離は4,100キロを過ぎたところでした。旧式のインプと比較した場合、意外と面白い車を借りられたように思っています。

まず、乗り込んだ瞬間時感じたのは乗り降りのしやすさ。ルーフはミニバン並みの高さがあり、かつ、シートの座面も高いのであまり屈まなくていい。シートはベンチシートとウォークスルーの組み合わせ。これなら路駐した時に助手席側から出られるので安心ですよねw・・・、むしろ、こういう設計が路駐を助長しているのではないかと勘繰ってしまいます(^^;

エンジン音に関しては、ひとつの箱の中で発動機が動いているのでどうしてもエンジン音が気になります。この点、2BOXタイプが有利なのか?
レスポンスに関して、街中で走っている分には特に気になることはありませんでした。街外れになってきたときにアクセルを一気に踏み込んで加速しようとしたのですが、エコモードが働いていたらしく、アクセルをベタ踏みにしているのに普通にマイルドな加速でした。メーター部に時折『eco』という表示が出ていたので『(もしかしてエコモード入ってるのか?)』と思ったのですが、スイッチを探すのも面倒だったのでそのまま乗っていました。
 不便を感じたのは合流する時。急加速できなかったので、後続車に思いきりパッシングされました。あと、昨年もありましたが、軽だとほんとナめられますね。街中でオバサンが運転するフィットに幅寄せされて対向車線に追い出されかけた時には強い憤りを覚えました。気づいてないのかと思って警笛を鳴らしたのですが、こちらを一瞥しただけで完全に無視。
 その後、駐車場にとめた車に戻り、バッグから鍵を取り出そうとしていたら、ちょうどそこへやってきた老人男性に“さっさと出せ”的なことを言われたり。
オレ次VIP仕様のシーマ買うわwww
・・・嘘です(汗

ハンドリングで気づいたのは、ハンドルが少々重いかな、ということ。あと、車高があるので遠心力がかかりやすいです。ベンチシートなのでホールド性が低いのは間違いないと思いますが、普通に乗る分には特に気になる点はありませんでした。

軽自動車はホント、日常での使用を想定していますね。街乗りなら必要なものは揃っていると思います。あと、しいて挙げるなら、標準で装備されていると思われるスピーカーの音質があまり良くないことです。ドアとAピラーについていてあの程度の音質なのか・・・、という感じです。

前田敦子さん卒業PageTopMay'n New Album『HEAT』

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/1334-cd149338

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links