いい日旅立ち~東へ

今年の1月5日に、『網走と函館に行けたらいいな』と書きましたが、何となく丁度良い機会だと思ったので行くことにしました。

前日は遅番だったので極力早く閉店作業を終えたのですが、人員不足から来るしわ寄せで色々と予定が狂いました。
当初の予定では、帰宅して24時頃家を出て、ずっと一般道を走り、明け方、適当なところで仮眠をとる予定でした。しかし、疲労から睡魔に襲われ、結局家を出たのは翌朝の8時過ぎ。時間節約のため、家の最寄りのICから高速に乗りましたorz 札樽道→道央道→道東道を経由し、現在の終点である足寄ICで一般道へ。高速、早いね。高いお金を払った甲斐がありました(^^;

一般道をひた走り、阿寒湖を見るのを忘れ、14時頃に道の駅・摩周温泉へ到着。とまっていた車のナンバーを見ると、道東方面のナンバーが多かったですが、その中で関東~関西方面のナンバーも散見されました。

道の駅摩周温泉

ここから少し走ると、摩周湖・第3展望台。観光バスも何台もとまっていました。

第3展望台

写真が少々白っぽく見えるかと思いますが、曇っていたせいか、実際に僅かながら霞がかっていました。『次は裏摩周展望台だ!』と意気込み、地図を見て軽く気持ちが折れかけました。位置的には対岸なのですが、湖沿いに道がなく、行こうとするとエライ遠回りになるという・・・(汗
 若干の精神的ダメージを受けつつも、折角来たのだから・・・ということで向かい始めました。

牛

その移動中、山の斜面に『牛』の文字が(^^;

裏摩周展望台

裏摩周展望台到着。こちらはかなり来訪者が少なかったです。駐車場も狭かったですし、元々人があまり来ない場所なのか?
そして、ここまで来ると、今回の旅の目的地のひとつである“某所”が非常に近かったりします。

神の子池

それがここ、『神の子池』。昨年とっちと美瑛の青い池に行った際にその存在を教えてもらい、ずっと気になっていました。道路から池までの道は未舗装で狭いのですが、大型の観光バスも走っていたりして要注意です。
神の子池を見た後は川湯温泉街へ戻る。まだ日没前だったので屈斜路湖へ。テントを張ってキャンプしている人は殆どいなかったのですが、キャンピングカーはけっこういました。

屈斜路湖

セキレイ号
湖畔を歩いていたら偶然発見。思わず反応して撮ってしまいました(^^;
尚、写真は撮っていないのですが、温泉街へ戻るべく湖畔を走っていたら、夕日が沈んでいく時間帯だったのでとても綺麗でした。
温泉街へ戻り、そこからどうするか考えました。明るいので寝るにはまだ早い。実は、今回の旅をするにあたり、友人のHPを参考にしていました。曇天ではありましたが、雲間から空も見えていたので開陽台へ行くことにしました。走りながら時々空を眺めていたのですが、どう見ても曇ったまま。開陽台が晴れていることを只管祈りながら車を走らせました。結果、途中からは濃霧まで発生し、いよいよ絶望的な状況へ。案の定、開陽台も濃霧で覆われていましたorz
 ここ長らく、蒼栄高校天文部の活動ができてないな~。
 一息つこうと自販機へ向かうと、自販機にはビッシリと虫が張り付いていました。しかも、デカイ(^^;
 夜空が見えればここで星を見ながら仮眠を取るのもいいかと思っていましたが、すっかりテンションが下がり、羅臼へ向かうことにしました。
 5分程走ったところで違和感が。細かい段差を走っているような振動が出始めました。対向車線に移っても治まらない。で、ふとメーターを見ると、パーキングブレーキランプが・・・。開陽台でかけたのを解除し忘れていました。フットブレーキ方式なのに気づかないって・・・(汗
後輪を点検すると、焦げ臭~い香りがorz

そして、羅臼へ。ここへ来て雨も降り始めました。道の駅手前にあるコンビニで酒やつまみを買い、道の駅で仮眠を取ることにしました。

秋味

ラズベリーチーズパイ

旅先で新製品を購入。なんか嬉しいですよね。

知床にやってきた。PageTop茅原実里「purest note ~あたたかい音」ミュージック・ビデオ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/1191-4843d4fc

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links