ヲタ芸師殴られる

 先日行われた某アイドルのライブで、ヲタ芸を打っていた人が殴られる、という事件が起きました。
『殴られても仕方ない』、『だからと言って暴力は良くない』、『スタッフが悪い』等々色々な意見が出ています。どれも納得な意見なのですが、あまり指摘が無いのが、『周りの人が注意すればいい』という意見。いくつもの意見の中でこの指摘に関連した意見は、『注意してこちらが殴られたりする可能性がある』というもの位でした。注意してそれで収まればいいのですが、トラブルに発展した場合、公演そのものに影響が出てしまいます。そうなると、周りにいる人は勿論、スタッフ側も公演を完走させたい、という心理が働いて注意しづらい気持ちになるように思います。結局はこういう心理が働いて、ヲタ芸師が放置されるのかな、と思います。
 今回は暴力事件になりましたが、他のアーティストさんのライブでは、何人かで騒いでいたグループにサイリウムを投げつけるとか、そういうことも起こっています。

 マナーが問題になる公演を見てみると、『アーティストが新人で、ファンもライブ初参加、というパターン』、『ブレークして急にファンが増え、新しいファンがついたアーティストのライブ』が多いかな、と思います。要は、ファンがライブに対して未成熟であるのが原因であるように思います。ロックアーティストのライブになると芸風の影響が大きくなるので、ファン暦は関係なくなるのかもしれませんが、それはともかく。
 やはり、公演回数が増えるに従って迷惑行為をする人が減る、というのはあると思います。迷惑行為をする人も繰り返し公演にやってくるので出入り禁止になったりします。また、参加回数が増えるとマナーも身につきます。
 ただ、ファンが増える以上、ライブ経験の少ない人が参加するのは必然ですし、何度参加しても周りへの迷惑を考えない人もいます。

 以前、ライブツアーを始めてまもないアーティストさんのライブに初めて参加したとき、マナーがかなり悪かったです。当然NETのコミュでも問題になったのですが、それを切欠にマナーを呼びかけるようになりました。その甲斐あってか改善は見られるのですが、ファン歴の浅い人を中心に、入場時に配られる注意文を初っ端から無視した行為がまだまだ目に付きます。
 ライブハウス公演の話なのですが、一番多いのは前方への割り込み。先に入っている同伴者にスペースを確保してもらってそこへ行く、というパターンが多いように思われます。スタッフさんの目に付かないようにするため確保しているスペースが十分ではなく、局地的に人口密度が上がってしまう、という状態。それで違う場所へ移動している人もいました。前の方で見たいのはわかりますが、結果、その近辺にいる人に迷惑がかかることを考えるべきでしょう。中には『最前列に知り合いがいたので前に移動した』と、自分のBLOGに堂々と書いている人もいました。こういう人を発見した場合、強制的に後ろへ回すとかすればいいのではないかと思います。

 ヲタ芸に関しては、私が昔参加した某女性アーティストさんのライブでも見かけました。ちなみに彼らがいたのは私の目の前の席。会場はホールだったので座席が障壁代わりとなり、かなり被害を防いでくれたのですが、目障りでした。一番迷惑だったのは彼らの両隣の席にいる人達であるのは言うまでもありません。あれを自分の隣で2時間とか3時間やられたら堪忍袋の緒が切れるのも納得できます。
 このアーティストさんもファンが増え始めた頃だったので、マナーの悪い人が多かったです。いくつかの会場ではマナーが悪すぎて、次回以降のホール利用お断りになっていました。

 マナーが改善されてきている、という部分に目を向けたとき、マナーを守る人というのは『自分はライブの参加者である(単にライブに来た“お客さん”ではない)』という意識を持った人であるような気がします。これは少し前のコミケ会場でも見られた意識だと思います。近年はオタの浸透で“お客さん”意識で来た人が増えて運営が大変になっているようです。
 みのりんが雑誌のインタビューで言っていましたが、『みんなが茅原実里のライブを成功させようとしている』という言葉。みのりんのライブに限らず、各種イベントで参加者全員が『イベントを成功させて、皆で気持ち良く終わらせよう』と思えば改善されるのかな、と思います。

HA24アルトPageTopスカイライン R32 GT-R #2 ゼクセル(1992年:BNR32型)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/1153-7a5ea49b

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links