経験値上昇中☆

仕事帰りに直線道路を走っていた時のこと。

片側1車線で民家もあるような道だったので、40km/h位で走っていたのですよ。・・・すると、不意に車が左を向き始める。そのまま路傍に集められていた、高さ2m以上の雪山が目前に迫ってくる。

車内にはみのりんの新曲が流れていたのに、静寂に包まれる。きっと、視覚以外の神経回路が遮断されていたのだと思う。

『ヤヴァイ』『このまま突っ込んだら抜け出せなくなる』『車が壊れる』『廃車』『ローンだけが残る』
ということが一瞬で頭をよぎる。

で、予定通り雪山に突っ込んだのに、まだ回転を続ける車。

結局、進行方向から190度位回転してようやく停止。

雪山に乗り上げ、抜け出せなくなる。とりあえずアクセルを踏んでみる。これで車が微動だにしなかったらJAFへ電話するところでしたが、微動はしていたのでしばしもがいてみることにしました。でも、なかなか抜け出せない。そこでボクは考えました。
ブログのネタ用に、雪山へ乗り上げて立ち往生している所を1枚撮ろう
『車が動くためにはタイヤがグリップしていることが必要』
ということで、とりあえずハンドルを目一杯左へ切り、ギアを2速にしてアクセルを踏んでみました。・・・すると、少し大きめに動いたので、『これは行ける!』と思い、今度はハンドルを右へ目一杯切ってバックしてみる。そんなことを2~3回繰り返したところ、見事脱出成功。
 この間、一度も車が通りませんでした(汗
 視界の先に交差点があり、途中で1台の車が来たのですが、曲がっていなくなってしまいました(^^;
 脱出後はその交差点にあったコンビニへ行く。・・・すると、さっきの車が止まっていましたw
 車を降りて、ボディ・チェック。見た感じ、チリのズレとかもなく、とりあえず大丈夫そう。次に、車を走らせながらハンドルを左右に切ってみても、特に違和感や異音は無し。多分、右側面全体で雪山に突っ込んだことで衝撃が分散されたのでしょう。マジで助かりました。
 その後、2台の車がその場を通り過ぎて行きました。突っ込んだ場所を確認するべく、もう一度その場所へ行ってみる。明らかに雪山が崩れているw
 今度はスリップすることはなく、しばらくしてUターンしたのですが、現場付近がかなりツルツルのアイスバーンになっていることに気づきました。減速する程度にブレーキを踏んだだけなのに、ABSが作動しました。

 雪道コエー。でも、またひとつ勉強になりました。

山崎10年PageTopバレンタイン結果報告

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://neovenezia.blog79.fc2.com/tb.php/1064-83db6cd9

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links