映画『起終点駅 ターミナル』

ようやっと観に行ってきました。

TVか何かで予告編を見てずっと気になっていました。
オフィシャルHPのストーリーは読まずにいたのですが、読んでいたとしても、『ああ、なるほど。』という感想になったと思います。
根本にあるテーマを据え、それにしっかりと肉付けされており、短い時間で十分堪能できる内容となっていました。

ちなみに、劇場へ邦画を観に行ったのは初めて。

BS VRXファーストインプレッション

24日朝。やけに冷え込みが激しく、なかなか布団から出られずにいたのだが、いい加減起きないと遅刻してしまう・・・と、何とか重たい体を叩き起こし、カーテンを開いて唖然。隣家の屋根の上が、白い。
起き抜けから『マジか・・・』という一言が漏れる。立ち上がって外を眺めてみると、屋根だけではなく道まで真っ白。積雪量は優に10センチを超えている。一夜にして秋が終わり、本格的な冬が到来していた。
そこで真っ先に後悔したのは、昨夜冬用ワイパーの替えゴムを買って取り替えたのに、それを車に取り付けていなかったことだ。しかも、ワイパー交換、車の雪下ろし、雪が降ったことによる渋滞を考えるといつもより準備に掛けられる時間が短くなっている。

そして、24日、ほぼ1日中雪が降り続き、明けた25日。景色は昨日よりも綿帽子のボリュームが増えている。道もほぼアイスバーンに。ただでさえ渋滞しているのに、空気を読まず路駐しているトラック。あと3mで脇道があるのだからそこへ入ればいいものを・・・。そして、そのすぐ先にある橋の上ではトラックが立ち往生。どうやらこれら2台のトラックがその近辺の渋滞の元凶だったらしい。平坦な場所で立ち往生しているところをみると、寿命を迎えたスタッドレスを履いていたのか、それとも、ギリギリまでタイヤ交換を怠けて夏タイヤのままだったのか・・・。ちなみに橋は道路の下も冷たい風が吹き抜けるため、橋の前後までは大したことが無くても、橋の上だけとんでもないアイスバーンだったりする。

前置きが長くなり過ぎたが、VRXのファーストインプレッションとしては、アイスバーンでは非常に効きが良い。違うスタッドレスとなってなお、曲がるときにアンダーステアとなってしまうのは、自車のFF制御が弱いためだろう。直線での、発進・加速・停止に関しては、前に使っていたiG30+の1年目を思い出して比べてみても、ある程度上をいっていることが実感できる。
まず発進時。アイスバーンでの前輪の空回りする比率が減り、前の車が4WDでも普通に加速についていける。無理なのはタイヤの太いクロカン車(俗にいうSUV)。
そして、停止がスゴイ。iG30と同じ感覚でブレーキを掛けると、アイスバーンなのに結構あっさり止まってしまう。

とりあえず第一印象はこのような感じだが、あとはある程度使ったときにまた新たなレポートを記したいと思う。

田村ゆかり LOVE LIVE *Sunny Side Lily*BD発売

キーレス電池交換

20日、車に乗ると、メーター内にあるKEYマークがしばらく点滅しました。何となく、キーレスシステムがエラーを起こしたのかな~と思い、一旦エンジンを止めて再始動。やはりしばらく点滅。メンテノートを見ると、キーレスのバッテリー寿命を知らせるサインでした。
で、21日に替えのボタン電池を購入し、22日に交換作業。

作業手順の補足をNETで見た感じ、2分程度で交換作業は終了できそうでした。
作業としては、少し凹んだ部分にマイナスドライバを入れ、回したりしながらこじ開ける感じで真っ二つにする。あとは電池を交換するだけ・・・なのだが、少なくとも一度は交換されていたようで、ドライバを引っ掛けるツメがダメージを受けていました。イヤ~な予感を抱えながらツメにドライバを引っ掛けたところ、まぁ予想通りツメが欠けていきましたよね。結果、幅4mm程度のツメが見事に無くなりました(泣

キーレスの構造としては、真っ二つに割る、と書いたものの、三層構造となっており、裏側一層と、残り二層を分離させる感じ。ただ、厄介なのが、外側から見ると、一層目と三層目が外装に当たり、ツメのあった、僅かに見えている部分が二層目。ツメが無くなったので、裏側一層を押さえ、二層目にドライバを押し当ててとにかく一層目と二層目にドライバを差し込むイメージでほじくりまわりました。
こうしないと二層目と三層目(ボタンのある表側)が分離しそうになるのですよね。実際、半分位分離しかけていましたし(汗
たぶん、そこは分離したら確実に壊れます。

そして、ツメが折れたりしないように慎重に格闘した末、ツメは無くなりましたが何とか分離に成功。あっさり終了するはずが、エライ時間がかかりました。

本体鍵部分を除くと殆どがプラスチックでできており、プラスチックのツメで表裏を止めているのでネジもありません。確かにこうすれば、ネジも、ネジを止める作業も減らせます。
その他、一部車種はリアゲート(他、バックドア)を車両本体と留めるにあたり、車両側でボルト止めしているため、リアゲートを交換しようとしたら車内の内貼りを剥がさないといけないとか、そうとう手間がかかるようです。でも、製造時はボディ側だけボルトを締めればいいので作業が効率化するし、部品点数も減らせる。
結局、車両価格を抑えるために、製造時の効率を上げているわけですが、その反動で後々のメンテが面倒だったりする・・・ということが起きています。
メンテが大変だと修理工場の手間賃が増えるでしょうし、キーレスのようなパーツなら丸ごと買い替える人も出てくるかもしれない。
もしかしたら、部品交換が大変なうえに、交換部品も部品点数を減らした結果、他の車種ならパネルだけでいいのに、ASSY交換でパネル+アーム+ボルト、といったように、パーツ代が余分にかかったりするかもしれない。
特に今乗っている車のメーカーはASSY交換率が高いようで、他メーカーなら単品の部品で出るのに、こちらだと出ないとか。
あと、整備要領に書いてあるのかはわからないが、他メーカーなら修理対応してくれるものでも部品交換だったりする。自分の知っているものでは、バンパーカバーの凹みの修理。ディーラーに持っていくともれなく交換を言い渡されるのだが、他メーカーのディーラーや町の修理工場なら普通に凹みを直してくれる。
一時期はATFも交換指定が無かったのに、今は普通に存在する。

売るとき安くして、あとから回収する、といった、プリンタみたいな商売になっている気がする。

みのりんお誕生日!

New Single『恋』
IMG_0920.jpg

『Minori Chihara 10th Anniversary Live SANCTUARY』BD
IMG_0922.jpg

fripSide concert tour 2015 ~infinite synchronicity~

IMG_0916.jpg

ここ最近体調不良(?)だったので行くかどうか悩んでいたのですが、そこまででもなかったので行ってきました!
今月の頭に風邪を移され、直後の週末はけっこう酷い感じだったのですが、先週半ばには落ち着いたこともあり、何とか無事参加となりました。ただ、大事を取り、会場まで車で行きました(正確には会場隣の駐車場)。
滞在時間も最小限にしたかったので、駐車場へ着いたのもほぼ開場時刻。趣味仲間も何人か来ており、終演後の打ち上げに誘われたのですが、泣く泣く辞退。

さて、ライブ本編ですが、最高でした!
まだツアーが終わっていないのでどれが歌われたかは書きませんが・・・。
fripSide、一期はイメージ的に落ち着いた印象ですが、二期は超電磁砲の影響もあり、UOを焚いて飛び跳ねる印象となりました。でも、個人的にはしっとりとした曲が好きですね。皆コールしながら飛んでいた曲でも、自分はじっくりと聞き入っていたものもありました。
ちなみにある曲ではジーンとしてしまいましたね・・・。

ただ、第一印象は何でも大事なのだな、と思わされたのがライブ終了後のアーティスト挨拶。昨年の札幌公演での事件は記憶にある人もいるかと思います。最後の最後にその話をアーティスト自らにされてしまい、注意を受けるというのは非常に情けない、そして恥ずかしいことであります。fripSideの二人を初め、関係者全員から、『北海道の客は最低』って思われているということですからね。
でも、今回に関していえば、自分の両サイドの人は普通にマナーを守れている人達でした。

PageTop

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links