政党ビラ配布の有罪確定へ

 共産党のビラを配布した人達が逮捕され、控訴審で有罪判決になった。そして今回の裁判で上告が棄却されたことで控訴審の有罪判決が確定することになる。
 事案の概要は、『公報以外のチラシ・ビラ配布禁止』と書かれているにも拘わらず、被告人らは共産党のビラを配布するために、マンションの各戸の郵便受けのある玄関ホールを通り抜け、各戸のドアポストへビラを投函したというもの。
 今回の判決では、公報以外のビラ配布を禁じていることと、玄関ホールにある郵便受けではなく、ドアポストへ投函するためにわざわざ内部まで入っていったことを問題視した。
 前者は兎も角、後者は判決の言う通り、『法益侵害が軽微だったとは言えない』と言われれば、そんな気がしないでもない。ただ、侵入したのが犯罪目的ではない、ということはきちんと認識しておかなければならない。
 これは自衛隊のイラク派遣反対のビラ配布が違法、とされた時にも出た例だけど、これがピンクチラシやピザ屋のチラシだったらどうだったのだろう?やはり住人は、警察を呼び、警察は逮捕・送検し、検察は起訴したのだろうか?何となく、ピンクチラシは起訴されそうな気はするけど・・・。
 ところで、今回のビラが共産党のものだったという点も、注目点なのではないだろうか?まず、共産党のビラ、ということで関心が低いような気がする。そして、もしこれが自民党や民主党のビラだったらどうだったのだろう、という疑問がある。
 今回はマンション内へ殊更侵入した点を違法、としたけれど、これは一戸建ての家にも当て嵌まることで、郵便受けが公道に面していなければ、必然的に敷地へ侵入することになる。門から玄関まで距離があるとか、或いは、門には鉄柵があり、玄関にはフードがあって、ポスト迄2回、柵などを開けなければならない家もあり、そうなると、もしそういう家へのビラ配布で逮捕された場合、今回の判決の趣旨が及ぶ可能性は十分にある。
 以上の意味で、今回最高裁が控訴審の有罪判決を支持したのは誤りであったように思う。
 それと、私は共産党支持者ではありません。

情報化社会の功罪

 NETが発達した現代、チェックしきれない量の情報が溢れかえっている。そのお陰で、有名人とNETを介して会話できたりもするのだが、反対に、先日の『ねんどろいど 秋山澪 発売』のように、何かを失念したりすることもある。実は今日、NETを見て思い出したのが、『劇場版 東のエデン』。この映画が28日から公開されていることを思い出す。
 それでも、せめてもの救いは、自分にとって精神的ダメージの大きい情報に触れる可能性は極めて低い、ということだろうか。

 さて、能書きはこれ位にして、今期(2009年第4四半期)は北海道をメイン舞台にした作品が2作品あることに気付いた。それは、『生徒会の一存』と『君に届け』の2作品。尚、著者は両名とも北海道出身。『君に届け』は札幌テレビ(STV)で放送されているが、『生徒会の一存』はBS(日テレ)のみ。

 『君に届け』は北海道(札幌)をメインに、他の場所を組み合わせている(著者談)。主人公達が通う高校のモデルは札幌北高らしい。ただ、アニメでは校舎内のみのシーンが多く、舞台が札幌であることすら検証困難である。この点は原作で追求する他無いようである。

 そして『生徒会の一存』は、舞台は著者の出身地でもある、帯広近辺(北海道)らしい、ということなのだが、現状では不明。主人公達が通う高校のモデルは、中心部に大隈講堂にそっくりな建物があり、大学並みに敷地が広いのだけど、早大がモデルではない、というのは映像からわかる。主な校舎のモデルは中央大の付属高校をモデルにしているのではないか、という意見もあるが、これも検証されていない。

生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]
(2009/12/11)
本多真梨子/斉藤佑圭

商品詳細を見る

やっぱ転売目的か。

 先日、『ねんどろいど 秋山澪』が発売された。俺はそのことをすっかり忘れていて、NETのニュースサイトを見て発売を思い出した。予想通り即完売であり、そしてこれも予想していたが、昨日の今日で、あちこちで『未開封中古品』という状態で転売されている。しかも、殆どが定価の倍以上の値段。
 ここでふと、『出荷数が少なかった』という話を思い出す。けいおんは非常に人気があり、特に今回の商品もかなりの数が売れる共に、そうとうな数が転売されることも予想できた。メーカーとしてはそれを見越し、敢えて全ての在庫を出荷しなかったのではないか、という気がした。つまり、転売数がかなりの数になったところで再販を知らせる。当然、そうなれば転売品の値下げ圧力となる。
 でも、それは考えすぎかな、とも思う。同じく大ヒットした『ねんどろいど 初音ミク』の場合、版権元が息の長い商品にする選択をしたことが影響しているのに対し、けいおんはアニメ化され、それが終了したことでブームが去ることも十分考えられる。メーカーとしてそれを重視したなら、出荷数が少なかったことも頷ける。
 ・・・俺自身、初音ミクを買ったお店から優先予約案内が届いたけど注文しなかったし(^^;

 ところで、『ねんどろいど 南千秋』は結構欲しかったりする。ただ、それよりは、みのりんをねんどろいどにして欲しいな(^^;

けいおん!  ねんどろいど 秋山澪 (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)けいおん! ねんどろいど 秋山澪 (PVC&ABS塗装済み可動フィギュア)
(2009/11/26)
グッドスマイルカンパニー

商品詳細を見る

『ダビング10解除』じゃなくて『CPRM解除』かよっ!

 ニュースの見出しで、『東芝の社員がダビング10解除ソフトを販売して逮捕』という旨を見て、『(メーカー勤務者ならではの犯罪だな~)』と思った。ところが記事を読んでみると、実際は『CPRM解除機能付きのPC用ソフトを販売した』というのだから拍子抜けした。何故なら、『ダビング10を解除する』ということは、『HDDレコーダー内のソフトに改変を加える』ということである。それはそれで違法だけど、実際にやったことは、『HDDレコーダーから、BD/DVDにコピーされた番組データに付いているコピーガードを解除できるソフトの販売』である。この2つを比較した場合、かなり大きな違いがあるように思う。前にも書いたけど、マスコミは見出しをつける場合に、記事の中身と一致するようにすべきだと思う。興味のある人は記事の中身を読むから良いが、興味の無い人は見出しだけを見て、勘違いしたままになってしまう可能性もあるように思う。

 ところで、上に書いたようなソフトを使って、TV番組があちこちの動画サイトに違法アップロードされている。そして、TV局は見つけ次第削除要請をする、というのがお決まりのパターン。ただ、こういう状況を踏まえて、公式でNET配信している番組もある。ただ、そうは言ってもそれは少数派ではあるけど。
 しかし、公式でNET配信する、というのはとても良いアイディアのように思う。動画サイトが違法番組の配信で利用料や広告料を得ていることを考えれば、自前で配信して、利用料や広告費を取るようにした方が余程賢明な気がする。
 手法としては無料配信しつつ、ページ内にバナー広告を表示する。利用者にはメアドの登録だけを求め、そしてIDとパスワードを発行。
 でも、それだと他のサイトへユーザーが流れる確率が高いので、再生終了後はYou Tubeの動画再生終了画面のように、URLが出るようにして、その放送回の特徴的なシーンを使った公式壁紙をDLできるようにしたり、或いは、NET限定のロング版次回予告が見られるようにするとかしたら良いように思う。キャストのコメントが見られる、というのも良いかもしれないですね。
 違法動画の再生数は、全て合わせると数千~数十万あると思われるので、十分商機はあるように思う。既存のシステムに乗ったまま対立するよりも、寧ろ積極的に利用する方法を考えれば、新たな収入源になるように思う。

もち

復刻ラガー<大正>

復刻ラガー<大正>2009

<明治>に続いて、<大正>をテイスティング。原料は麦芽・ホップ・米。米が入ったせいか、泡立ちが<明治>と違って結構よい。ただ、消えの速さは明治の次点位。あと、これは勘違いかもしれないが、<明治>と比較した場合、この<大正>は、グラスに注いでいる時、“粘度が高い”ような気がした。

香り:
米が加わった為か、やや苦味が押さえられている。よくあるビールと同等。

味:
苦味が押さえられ、飲んだ後には麦由来の甘味を感じる。ビールの苦味が苦手な自分は、<大正>の方が飲みやすく、そして美味く感じる。普段売られている普通のキリンラガーより美味い気がする。

復刻ラガー<明治>

復刻ラガー<明治>2009

今年も出ました。

香り:
割に苦味が強め。

味:口に入ってきた瞬間、味が濃厚なせいか重みのようなものを感じる。初めはやや強めの苦味が来て、飲み終えると麦由来の甘い風味が舌に残る。原料は麦芽とホップのみ、ということで、余分な雑味が無く、スッキリとしていてシャープ。

宙のまにまに

化物語 第三巻 するがモンキー 発売

劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~

半券

 観に行ってまいりました!前売券を買ってあると、曜日とか上映時間を気にしなくていいのがありがたいですね。これは先日も書きましたが、マクロスFはTVシリーズでもそれ程面白いとは感じなかったのですが、予告を見て、シェリルのライブを見るつもりで前売券を購入しました(^^;

 さて、俺が訪れた劇場の入場回の入場率は約4割。公開開始から1週間も経ってないのにこれですか・・・(汗
 でも、この街は何事においても中庸な立場の人が多いので、特別なことではないのかも。寧ろ驚いたのは、一見、この作品は男性向けのように思えるけど、女性同士の入場者もいたことです。俺の前にいた女性二人組は30代半ば前後だったし。でも、この作品に参加している男性声優は皆人気声優であり、それも要因なのかも。
 あと、パンフが売り切れてました。

 予告が終わり、本編が始まる。静かなシーン。映画やOVAに多い始まりのパターン。・・・と、ここで気になったのが、すぐ後ろで何かを食べる音。完璧に沢庵を食べている時と同じ音がするのだけど、その40歳位の男性は始まってから20分位、ずっとその音を出し続けていました。他には、上映開始1~2分後、その男性の近くにいた別の男性が、かかってきた電話に出て話し出すという始末。着信音は聞こえなかったのでバイブにしていたのだろうけど、普通、場内で電話に出るか?(汗

 本編は全体的に、TVシリーズでポイントになった部分は押さえつつ、要らない所は切ったり、再構成したりしてあった。
 シェリルのライブシーンについても、非常に手の込んでいることはわかったのだけど、演出的にも力を込めすぎたせいか、それが現実離れし過ぎていて、かえって嘘臭い気がした。多分、マクロスの世界ではそうとうに盛り上がるものだったのでしょうが・・・。でも、歌は良かったです。新曲もあったし(^^
 本編前半はイントロであり、退屈と言えば退屈。
 そして後半。マクロスシリーズといえば基本的に、見せ場は『歌』と『戦闘』。後半はまさにそれ。シェリルの動きもさることながら、戦闘シーンの動きが凄い。CGを多用し、非常に手間がかかっているのが一目瞭然。この辺が、劇場版だからこそ出来る演出なのだと思う。

 後半の戦闘シーンが終了する。・・・と、上映直後にボリボリ音を立てていた男性がそのままいなくなる。どうやら今日は2度目以降の鑑賞だったようです。1度見て内容を分かっていて、退屈だと思うのは勝手ですが、だからといって雑音を出していい理由にはなりません。

 本編が終わり、EDロールになる。何となく綺麗に纏まった感じではあったけど、いくつか疑問が残されたまま終了したことに気付く。『(どうなってるんだろ~?)』と思っていると、EDがあける。

 次回、完結編、『劇場版 マクロスF~サヨナラノツバサ~』へ続く!

 正直、『マジっすか!?』という感じでした。
 さて、今日は、『愛』と『目標』を持つことが大事だとつくづく思いました。

ユニバーサル・バニーユニバーサル・バニー
(2009/11/25)
シェリル・ノーム starring May’n

商品詳細を見る

NHK紅白歌合戦に水樹奈々出場!!

 本日、第60回NHK紅白歌合戦の出場歌手が発表された。そして何と、紅白デジタル応援隊を務めていたヘッドの出場が決定!!
 ヘッドはMUSIC JAPANではナレーションを務めたり、実際に参加したりしており、更に『紅白デジタル応援隊』へ就任したことで出場確定を期待する声は多かったものの、まさか本当に出場するとは思っていなかったので(汗)、こうして実際に決まってみると本当に嬉しいものです\(^o^)/
 ここ何年かは紅白は見ていませんでしたが、今年は必ず見たいと思います!
 ヘッドは声優も務めているということで、音楽活動のみのアーティストしか聞かない人にはあまり興味の持てないことだと思いますが、歌唱力だけは保証します。チャンネルを変えず、是非、聞いてみて頂きたいと思います。

 ところで、ヘッドは何を歌うのだろう?初登場アーティストは大体その年に一番話題になった曲を歌うパターンが多いけど、ヘッドの場合、オリコンで週間2位になった『深愛』だろうか?深愛には上松美香さんも参加しており、そうなれば上松さんとのコラボも考えられる。もしコラボするとなれば、訴求力が高まることは間違いないだろうけど、とりあえず今は、楽曲の発表を待ちたいと思います。

ビール

→水樹奈々インタビューコメント

→NHK紅白歌合戦HP

ULTIMATE DIAMOND(初回限定盤)(DVD付)ULTIMATE DIAMOND(初回限定盤)(DVD付)
(2009/06/03)
水樹奈々

商品詳細を見る

PageTopNext>>

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links