スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッポロ 道産素材(サッポロビール)

道産素材

 北海道限定発売品。…といいつつ、実は、某スーパーのNET通販で購入可能だったりする。こういう状況だから、地域限定と言って発売すれば、発売当初は話題性の高さで売れるだろうけど、それが収まれば、普段、全国で発売されている商品と同列になってしまい、特別感が無くなってしまう気がするんだよな~。…買えない地域に住んでいる人にとってはとてもありがたい事だとは思うけど。

 さて、飲んだ感想。
 いつも通りグラスに注ぐ。割と爽やかな香りが広がる。ただ、苦さが強い。香りだけならビールと間違うかも。

味:発泡酒は妙な甘味が特徴的だけど、この1本は、ホップを強調したビール並みの苦さがある。正直、驚いた。でも、やはり発泡酒ということで、甘味もそれなりに感じます。最初口に入ってきて舌の上を通過するときは苦味がまず来て、飲み終えると甘味が残る。舌にはさほど臭み等は残らない。ビールが苦手で発泡酒を飲んでいる人にはややキビシイかもしれない。反対に、ビールじゃないとダメ、という人には許容範囲の味のように思う。
 
個人的な感想だけど、サッポロビールが通常販売しているビールは大して美味いと思わないのだけど、こういう、地域や期間限定商品って本当に美味いと思う。黒ラベルやヱビスを梃入れしたらもっと売り上げが上がるような気がする。
スポンサーサイト

アサヒ ザ・マスター(アサヒビール)

ASAHI THE MASTER

ドイツに拘った1本、ということで期待はかなり高め。アサヒビールの製品は自分から買うことは無いので、アサヒ製のビールを飲むのは久し振り。

今回もロング・タンブラーに注いでテイスティング。
毎回のことながら、ビールは銘柄によって泡立ち方が全然違い、注ぐ初速をつけ過ぎる(汗

香り:ホップと大麦のが優しく香る。良い香りだ。
味:特に苦味が強いわけではなく、一番搾りやクラシックといった、他社製品をやや上回る程度。そして、大麦由来の甘味も他社製品をやや上回る程度。スーパードライにホップの苦味と大麦の甘味を付け加えた感じ、と形容するのが一番近いかもしれない。そして飲んだ後、若干、ビール特有の臭みが口の中に残る。

ドライブについての意識の変化

 高校の頃、つまり、免許が無い頃は、夜の高速道路を、1957年製のシボレー・コルベットのような、1950~60年代のクラシック・カーで走りたい、と思うことが多かった。しかし、二十歳を越えた頃から、何故かそう思わなくなり始めた。
 ただ、それでも、夕方、日が大分沈んで空が紫色になり、オレンジ色の街灯が点り始めた時頃になると、ドライブも悪くない、…寧ろ、そのまま朝日が昇るまでどこかへ走っていきたい、という衝動に駆られる。
 因みに私は、昔からエンジン音が静かな車が好きなので、けたたましいエンジン音を立てる車はあまり好きではなかったりする。その意味ではハイブリッド・カーが最適なのだろうけど、歩行者の立場だとあれほど危険な車は無い。以前、道を渡ろうと左右を確認した時は視界に車は無かったのに、車道(横断歩道)に足を踏み出そうとした瞬間、T社製のハイブリッド・カーが殆ど音も無く曲がって来て、自分の前方50cmを通ったときはかなり驚きました。
 多分私達は、道を歩いているときに自分の身の安全を保つ上で、視覚だけではなく、聴覚にも頼っているように思う。その意味で、殺傷力を持つ車が殆ど音を出さない場合がある、というのは非常に問題があるような気がする。既にヨーロッパではこのことが問題となって行政が対策を練っているわけだけど、日本では今のところそのような議論は無さそうだ。ハイブリッド・カーはエンジン音が出る場合もあるからまだ良いのだけど、電気自動車や水素カーは完全に無音なので、もっと危険なような気がする。聴覚に頼るしかない、視覚障害の人がそういった車に撥ねられた場合、過失割合はどうなるのだろう?
 そういう危険性があるので、今のところ私はそういった車を買いたいと思わない。

車の運転について

 これまでに何度か、私は車の運転が嫌いだということを書いた。基本的に、手と脚だけしか使わずに移動できるわけだけど、それ故に『どこかへ向かっている』という印象が得られないのが最大の理由と書いた。ただ、それだけではなく、公道を走ると過度に神経を使うからだ。
 まずは速度超過しないよう、時々速度計に目をやらなければならないし、走行中は常に、左右からの車両・人の飛び出しに注意しなければならない。更に、狭い道や混んだ道では前後左右、場合によっては対向車と接触しないようにしなければならず、かなりストレスが溜まるからです。
 さて、先日、トヨタの次期社長が欧州のレースに参加した際、運転の楽しさを伝えたい、と言っていたけど、公道上にはこれでもかという位の制約が溢れており、そこを楽しく走れる人は余程の運転好きか、無法者以外考えられない。そもそも、公道とサーキットではドライバーが注意しなければならないものの種類が違う。
 カーレースを観て楽しいと思うのは、競り合いがあるのが一番の理由だとは思うけど、速度が普通では考えられない位出ていることも理由のひとつだと思う。F1が最高100km/hまでしか出せなくなっても今と同じように楽しめるかと言われれば、多分、楽しめない。

国立メディア芸術総合センター(仮称)は国営の漫画喫茶

 民主党の議員がそう扱き下ろしていましたね。
 さて、最初、『メディア芸術に関する人材の育成』という文言を見たときはクリエーターを養成する国立学校なのかと思ったのだが、文化庁のHPで詳細を見たところ、確かに漫喫と変わらない印象を受けた。寧ろ、上に挙げた『人材の育成』に関して、総合センターが具体的に教育するわけではなく、そこに展示している作品を見てインスピレーションを感じた人がクリエーターになればいい、というスタンスを採っていることを感じた。救いがあるとすれば公開講座の実施だろうが、そもそも、施設のメインは漫喫と変わらないので、わざわざひとつの施設を造ってやるだけの公共事業とは思えない。
 公開講座は、政府主催で、アニメショプのイベントスペースや、大型の同人誌即売会あたりでやればいいと思う。そうすれば業界関係者の講演を、東京ではない地方都市でも聴ける機会も出てくるのではないかと思う。
 そしてもうひとつ、総合センターが出来たとして、ヲタではない“一般人”がどれだけ作品を正しく評価できるのだろうか、という疑問もある。たとえば麻生首相が読んでいたことで話題になった『ローゼンメイデン』(原作:PEACH-PIT)について、総理大臣が公衆の面前で漫画を読んでいたことの是非は兎も角、読みもせず、キャラデザだけでバカにしていた人が大勢いたことは事実。そういう人が多い日本に総合センターは相応しいのか再考が必要であると思う。完成したとして、そこを訪れた“一般人”は恐らく、『あしたのジョー2』(演出&絵コンテ:出統)は観ても『劇場版CLANNAD-クラナド-』(監督:出統)は観ないだろうし、『スカイ・クロラ』(監督:押井守)は観ても『少女革命ウテナ』(原作:さいとうちほ;当計画の検討委員のひとり)は観ないだろう。
 多分、“一般人”は自分が知っていて尚且つ知名度・市民権を得たアニメ(ジブリ作品やエヴァ)だけを『良い』と評価するだろうから、“オススメ”と称して『みなみけ』や『ひだまりスケッチ』を面陳で展示しても、“一般人”が手に取らないであろうことは想像に難くない。その意味でも総合センターは不必要な施設であると思う。

敵基地攻撃の合憲性について

 日本国政府は敵基地攻撃について、発射される敵国ミサイルが核ミサイルのような超強力な兵器で、敵の基地を叩く以外に日本を守る方法が無く、そして、攻撃が確実な場合は憲法上問題無い、と解釈している。
 確かに、説得力を感じる解釈ではある。ただ、我々がその説明に納得することと、法律を守ることは別の話である。
 憲法9条が自衛権まで放棄していないという解釈を採用したとしても、交戦権は明確に否定しており、このことが政府のいう『専守防衛』の根拠となっているはずである。『専守防衛』の概念を大雑把に言えば、『次元大介が放った銃弾を、石川五ェ門がその場で斬り捨てる』の、『その場で斬り捨てる』という部分が該当する。敵国の基地に攻撃を仕掛ける、というのは、今の例で言えば、五ェ門が次元の『M19コンバット・マグナム』に斬り掛かっていくことである。政府としては、あくまで『敵国の武器』に攻撃するのだから問題無い、という意識なのかもしれないが、実際は敵国そのものに攻撃しているのである。つまり、交戦権を否定している日本国は、敵国のミサイル基地へ直接攻撃はできないのである。難しいのは、公海上に核ミサイルを搭載した敵国戦艦が展開している場合。『公海上』という性格を考えると、直接攻撃を仕掛けるのはタブーだろう。許される場合があるとすれば、領海・領空内に入ってきたとき。ただ、それでも法的手順を踏むのは必須。
 そして、これは国連憲章上の話であるが、自衛権を行使できるのは、武力攻撃を受けた場合のみ、となっている。つまり、『やられたら致命傷を負う場合は先にやって良い』ということは認めていないのだ。それに、自分から仕掛けると、相手に付け入れられる原因を作ることになる。『確実にやられる』と思って先に攻撃した結果、相手国から『ただの脅しで実際に発射するつもりは無かった』、『演習で公海上に落とすつもりだった』と言われた場合を想像してみればわかるだろう。
 以上から、日本国の自衛権が交戦権を否定していることと、国連憲章の自衛権の定義から、日本国は敵国の核ミサイル基地を直接攻撃出来ないと考えるのが妥当であると思う。

サントリー 山崎蒸留所貯蔵 梅酒 焙煎樽仕込み

 先日梅酒の話を聞いたらどうしても飲みたくなり、かなり久し振りに梅酒を買いに行った。本当は例の梅酒が欲しかったのだが、市内で日の丸醸造の日本酒を扱っている店はあっても梅酒は扱っておらず。そこでテキトーに2~3件程覗いて何となく興味を持ったものを買ってみた。

今回はウイスキーのテイスティングで使うような、チューリップ型のグラスを使用。
香り:注いで香りを嗅いだ瞬間、一瞬、トップノートに樽木から出る、あの独特の渋い香りがした気がした。でも、改めて嗅いでみても、梅酒の香りしかしなかったので、気のせいだったのだろうか?

味:説明書きにあるように、甘味がやや少なめで、酸味が強いように感じた。梅酒は使う酒が醸造アルコールが一般的だけど、他に日本酒や焼酎も使われるので、味の違いを楽しむべく、機会があればそちらも試してみたいと思う。
梅酒

梅酒

 喰霊のWebラジオの第32回配信に稲田徹(いなだてつ)さんが出演。その際に梅酒を3種類(合計3升!)持参したわけですが、そこで名前が出たのが『梅まんさく』と『ぶどうまんさく』。残りの1銘柄も紹介して欲しかったですが、残念ながら名前が出ませんでした。
 聞いたことが無いお酒だったので検索してみたところ、上記2銘柄共、日の丸醸造(秋田県)から発売されていることを知って驚く。日の丸醸造といえば、『まんさくの花』を造っている蔵元だからだ。
 ただ、これを知った瞬間、味に対する疑問が湧く。実は以前、『大吟醸 まんさくの花』を飲ませてもらったことがあるのだけど、水割りにしたのかと思う位、水っぽく感じたんだよな。その記憶があるので、まんさくの花を使って造った上記2銘柄の味に疑問が湧くのです。

茅原実里、『Tomorrow's chance』特設ページ

→特設ページはこちら。CMサイズのPVも見られます。

特設ページに各アニメショップで貰える特典が掲載されています。アニメイトが載っていないけど、今回も販促用ポスターか?今回はアソビットとマグマニがイイ感じ。…マグマニ特典のブロマイド、絶対領域がたまりません…。
 …と言いつつ、ソフマップで予約してしまいました(汗
塩バニラ&まっ茶

UCC ヱヴァンゲリヲン缶

発売期間:5月18日~7月31日
発売地域:全国
その他:購入キャンペーンあり。

→詳しくはOHPへ

とりあえず、ウチの近くにあるスーパーやコンビニを覗いてみたけど、置いてありませんでした。覗いたお店では、UCCの取り扱い自体が無いっぽい。そこでウチから少し遠い、普段利用しないコンビニを覗いて見たら置いてあった。
UCCヱヴァンゲリオン缶2009-1・2ヱヴァ缶3・4ヱヴァ缶5・6

PageTopNext>>

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。