スノーブレードに交換

スタッドレスに交換してから約1か月。

いよいよ雪も続きそうな感じなのでワイパーも冬用のものに交換しました。

いつもはほぼ一緒のタイミングで交換するのですが。


ついでにタイヤの空気圧もチェックしたのですが、1か月で10kPaほど抜けてましたね。

名古屋城見物

みのりんツアー翌日は名古屋城見物。

名古屋城は徳川家康が築城。
明治になる際も運よく残存するも、第二次大戦にて消失。現在の城は端的に言うとレプリカ。

IMG_2131.jpg
大阪城よりも迫力を感じたのは気のせいでしょうか。

IMG_2134.jpg 
名古屋城隣にある本丸御殿。部屋ごとに襖の絵や天井の造詣が違います。それぞれ違うのには意味があるのですが、入口で配布している薄いパンフレットには勿論書いてありません。

IMG_2137.jpg 
畳の縁も模様が揃えてあります。

IMG_2139.jpg 
部屋の中に入れるエリアでは畳(どちらかというと縁保護のため?)マットが敷いてありました。

IMG_2146.jpg 
このように違いがあるのですが、気づかずに何となく歩き去って行ってしまったグループもチラホラ・・・。

美術品にせよ、歴史的建造物にせよ、事前に観るポイントを押さえておくと、もっと楽しめるのではないかな~と思いました。

Win10へアップデート

すぐに手を出すのは危険と判断し、少し様子を見ていました。

NETで色々調べてみると、少々危険そうな雰囲気もありましたが、メーカーの指示手順通りにやって、ダメだったらリカバリディスクを使って戻せばいいや、という感じでアップグレードを行いました。
けっこう危険そうな雰囲気だったので、今回はDドライブも完全バックアップしました。これだけで3時間はかかりましたね・・・。時間を節約するなら、外付けHDDが良いのでしょうか。

アップデート許可通知が届き、早速スタート。Windows Updateから、データのDL → インストールという流れ。DLデータ量は2GB台。DL速度は環境に左右されるので割愛(自分はけっこうかかりました)。インストールにかかった時間は1時間以上。ずっとPCの前にいても仕方ないので、インストールをクリックしてからほぼ放置しておいたので、この辺はやや曖昧です。

インストールが終わり、Windows10のイメージが画面に映し出される。
Win8.1のダメ出しされていた部分に、Win7までの使い勝手を取り入れたような感じ。Win8.1よりは使い勝手が向上しているように思います(反対に、タブレットPCでタッチパネル形式なら、Win8とかの方が良いのかも)。

そして、アップデート完了後はCドライブをバックアップ。これも環境によるのでしょうが、かなり時間がかかりました。

その後使い始めて、自分の環境では、起ち上がらないアプリや認識しないデバイスは特になさそう・・・と思ったら、Win10でよくある『音が出ない』という不具合が発生。むしろ、検証のためWindows Media PlayerにMP3ファイルをドラッグ&ドロップしてもサポート外の認識できないファイル、みたいな表示をされました。
メーカーHPに対策手順があったので、オーディオドライバアンインストール → 再起動 → 数分かかって再起動(イヤな予感) → リカバリ用フォルダから再度インストール・・・とやったら、再インストール途中で失敗。もう1回挑戦・・・30分経っても終わらない・・・終了の悪寒(汗
デバイスマネージャーの『オーディオの入力および出力』をチェックすると、全項目にエラーマーク。
インストール中は再起動しないでください、と注意書きが出ていたが、こういう場合、これまでの経験上、強制再起動をかけても大丈夫な場合が多い気がしたので、自己責任で強制再起動。失敗してもリカバリディスクは元のWin8.1も、作成したばかりのWin10もあるし。再起動までやはり数分かかりました。

で、再起動完了後。無事音が出るようになりました。エラー表示も消えましたし。ただ、これは運が良かっただけかもしれません。というのも、オーディオの項目には最初、『スピーカー』『ヘッドフォン』『マイク』の3つの項目があったのに、再起動後は『スピーカー』『マイク』の2項目だけに(汗
その他消えていたものといえば、iTunesの設定、あとマイリストが、最近取り込んだCD5枚分だけを残して全部消えていた、というところでしょうか。反対に、Dドライブのデータは案の定きれいに残っていましたし、むしろ、Cドライブのゴミ箱に入っていたデータまで残っていましたね。

Windows10にアップデートする場合、2~3時間は見て・・・とのことですが、バックアップから動作検証までやったら、丸一日、それこそ朝から夜遅くまでかかるものと思われます。

おかげでDATE A LIVEの第一期を1日で見終えてしまいました(汗

夢見るフランス絵画 - 印象派からエコール・ド・パリへ

本日まで近美で行われていた展覧会へ行ってきました。

大学時代、前後期を通して1年間、一般教養で芸術科目を履修していたのですが、その講義で印象派やエコール・ド・パリも学んでいました。そのおかげで時代背景や、作風の特徴を把握しており、より楽しんで鑑賞することができました。

反対に、困ったのが隣のホールで行われていた作品展。日本画とかガラス工芸とかは全く知識が無く、その作風が登場するに至った時代背景や作品の特徴等を全然把握しておらず、鑑賞ポイントがわかりませんでした。あくまでも芸術作品なので、そういったことを無視して、単純に楽しむ、という方法もあると思いますが・・・。

その観点で考えると、どれも素晴らしい作品だったと思います。ただ、正直、自分の心に残った作品はありませんでした。芸術史も過去から今日に至るまで、例えば今回の印象派は、それまでの写実的な表現へのアンチとして登場したのですが、後期印象派になると独善的ともいえる作風へのアンチとして、また違う主義が登場しています。このように、芸術は時代とともに新たな表現方法が登場してきます。
 印象に残るとすれば、今回のエコール・ド・パリとほぼ時期を同じくするキュビズムやシュルレアリスム作品の方がよほど印象に残ります。目で見たものがあのようにアウトプットされる、その感性は本当にすごいと思います。
 それと同時に、見たものをそのままアウトプットする写実主義も好きだったりします。現代で言えばイラスト画みたいなものなのかもしれませんが、イラスト画も好きなので、その影響かもしれません。

 ちなみに日本では印象派(前期~中期)の作風が非常に人気のようで、小中学校の図画や美術の授業で教わる絵の描き方は、印象派の描き方に倣っています。

またしても買い替え

この前PCを買い替えたのですが、ドライバが供給されておらず、プリンタも買い替える必要がでました。壊れていないのに買い替えるのは勿体ないですが、動かせないので仕方ないですね・・・。

どうせ文書しか印刷しないので安めのものを買いに行ったのですが、処分セール(?)をやっており、気づけば、予算をほんの少しオーバーして複合機を買っていましたw
インクタンクはすべて独立タイプで全6色仕様。最初は普通に安いものを買おうと思っていたのですが、後々のことを考えてこちらに決定しました。
なお、購入したものはまたしても同じメーカー。特にこだわりもなかったのですが、だからこそですかね。買いに行ったら一生懸命選んでいる夫婦がいましたが、性能的にはメーカー間で大差ないわけですし。
個人的に、何が必要かわからなければ、予算が許す範囲で多機能なものを買っておけば失敗はないと思うわけです。

それと同時に、母親への誕生日プレゼントでコンデジも購入。こちらは最初は少しでもハイスペックなものにしようと思っていたのですが、店頭で操作してみて使いやすそうなものにしました。
デジカメは自分も持っていないのですが、スマホでもまぁまぁそれなりの写真は撮れますしね。こだわりはじめたらコンデジでは足りないですし。

それにしても、今年は色々なものを買い替えてるな・・・

PageTopNext>>

Category
Archives

Recent Comment
ブログ内検索

来訪者数

Links