FC2ブログ

Welcome to my blog

南條愛乃 Live Tour 2018 - THE MEMORIES APARTMENT -(静岡)

(@静岡市民文化会館)

メモパツアー最終公演。自分的には人生初の全通&グッズ全購入したツアーとなりました。

内容的には初日がただのベストなら、今回は本当のザ・ベスト、という内容。概ね初日をなぞるようなセトリでしたが、やはり多少の入れ替えはありました。
初日は歌うのが精一杯な雰囲気や、歌ってる途中で何かの調整を指示したりと、最終リハ的な様相を呈していたのに、回を重ねるごとに良くなっていき、今回はバッチリでした!
今回は映像収録が入っていたのですが、映像は次回のアルバムの特典になるためか、いつ頃映像化される、というお話はありませんでした。

最終日も何名かの方とエンカさせていただくことができました。今回は顔合わせみたいな感じで終わってしまったのですが、また次回以降も是非お会いできればと思います。
今回のツアーでエンカしていただいた皆様、本当にどうもありがとうございました!

南條愛乃 Live Tour 2018 - THE MEMORIES APARTMENT -(大阪)

(@岸和田市立波切ホール)

DSC_1170.jpg 

当初は参加する予定はなかったのですが、スケジュール的に行けそう、ということで後からCD先行でチケットを獲得。正直、遠かった(汗)

2公演目でTOKYO 1/3650、3公演目でNツアーの追体験、ということで、今回は順当にいけば・R・i・n・g・ツアーだなー、と。でも、南ちゃんのことだから意表を突いてcatalmoreやらないかなーと思っていたら、なんと、その2つをMIXしてきました!これはまさかでしたね~。

今回のツアーは色々な曲を披露して大変かと思います。ただ、来てくれるお客さん全員に楽しんでもらいたい、という気持ちが本当に嬉しく思います。

公演中は緊張しているとのことですが、1公演目から比べるとかなり解れてきているようには感じます。そして、今回の公演で感じたのが、会場をコントロールするスキルが高いな、ということ。そういうところにも、南條さんの芯の強さを感じることができました。

そして、自分的に大きな出来事としては、フォロワーさんからエンカのお誘いをいただいたり、ヒカリ解放のステッカーをリュックに貼っていたらそれを見て声を掛けてきてくださった方々がいたりと、何名かのごきんじょさんと交流させていただくことができたことです。おかげで開演前・終演後も楽しい時間を過ごすことができました!
改めて、本当にありがとうございました!またライブ会場でお会いできることを楽しみにしております!

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~

0 Comments
秋乃光陽
DSC_1164.jpg

やはり夏目友人帳は素敵でした。
劇場版ということで多少TVシリーズと違う感じでしたが、大枠でいえばいつも通りでした。

ストーリーの主軸もいつもと少し違うところが良かったですね~。TVシリーズでは出会いに重点があったように思われますが、劇場版では別れにも多少の焦点を当てていたように思います。そこが少し意外でした。

また原作のストーリーが溜まったらTVシリーズをやってほしいです。

南條愛乃 Live Tour 2018 - THE MEMORIES APARTMENT -(愛知)

(@名古屋国際会議場センチュリーホール)

DSC_1148.jpg 

メモパツアー3公演目!

台風24号が沖縄近辺に上陸した影響で名古屋も生憎の雨でした。さすがに今年3度目の名古屋ともなると早めに行ってちょっとその辺を観光しようという気力も無くなり、昼寝して起きて到着したらほぼ開場時間でした(汗)

『本日は名古屋にて「Nツアー」の追体験セトリでしたっ!』(by南ちゃん)ということで、想定の範囲内でしたが、3公演参加して色々な曲を聞くことができ、本当に嬉しかったです。それを予想して鈍器を持ち込んでいた人も散見されましたし(笑)

さて、今回はバンドメンバーさんに南ちゃんがイメージカラーをつけておりました。

ユウタ→青
威→赤(本当は青にしたかったけど、使ってるギターの色から)
晶司→緑
(この2人でクリスマスカラー)
一美→紫(いかがわしい感じがする)

で、この影響なのか、バンドインストで晶司さんが手拍子を客席に求める演出が無くなりました。メロディーの変化が激しく、千葉では途中で手拍子が消えてしまっていたので、その影響かもしれません。ノリの良い曲だったので、公演中2回位は聞きたかったです。

バンドメンバーの紹介の時、ドラムが鳴りやんだ後に『やぁっ!』と言っていたのに、森藤さんの時だけ『どすこいっ!』と叫んでいたり。南ちゃん曰く、ドラムの叩き方からそう感じたのとことです(笑)

衣装の話で、今日は可愛いと言われて、『ありがとう』と言っておりました。千葉(実質東京)はライブ慣れしてるお客さんが多いのでその違いですかね??

また、ある曲の絡みで、MCで、『推し』という言葉が好きではないと言っていました。名前があるのだからちゃんと固有名詞(南條さん)と呼んでほしい、と(かいちょーはギリセーフだそうです。下の名前は呼び捨てするな、とのこと)。

さて、千葉と名古屋を比べると、割とお客さんも入れ替わっているようで色々違う点が目に入りました。配置的に、名古屋で初参加の人達が1Fの前半分に集められている感じでした。
千葉(正確には2日目)では1曲目のイントロが流れた瞬間起立していたのですが、名古屋では千葉に参加したと思われる人達に引っ張られる感じで徐々に起立。
千葉では2日間ともツアーライトが消灯していた曲で、ツアーライト点灯。
南ちゃんの問いかけからして、千葉2日間とも参加して名古屋に来ている人がかなり少ないようでした。ただ、Nツアーに参加した人は多いようで、南ちゃんの現場は本当にその地域に住んでいる人の参加率が高いのかもしれません。

それを把握したうえで見ていたら、名古屋で初参加の人達に視線多めに送っているようでした。それを見て、本当に素敵な人だなーと思いました。

まだ大阪と静岡が残っていますが、年末のカウントダウンは勿論、来年もツアーがあれば絶対に全通したいと思いました。

南條愛乃 Live Tour 2018 - THE MEMORIES APARTMENT -(千葉2日目)

本日はホテルをチェックアウトした後に、南ちゃんがジョルメディアのロケで行ったフィレンツェという洋食屋さんへ行ってきました(場所は西日暮里)。

ホテルをチェックアウトして向かっていたら、丁度開店時間に到着。オーダーを取りに来た女性スタッフさんと少しお話したのですが、さすがベテラン、トークが上手い。接客業時代に大先輩と一緒に仕事する度、己の未熟さを痛感していたわけですが。

オーダーで、ガーリックピラフを頼んだ瞬間、『南條さん?』と問われ、ああ、皆一緒なのだな、と感じたり(笑)
ノートを持ってきてくれたので書き込みしていたのですが、そうしたところ、ご近所さん達が入店してくる。折角なのでお話させていただく。ご近所さんは気さくに話しかけてくれるので本当に嬉しいですね。

その他にも色々なお客さんが入ってきていたのですが、聞こえてくるお話を聞いていると、マスコミで取り上げられて来店した人もいるようでした。

サイン色紙コーナーで、南ちゃんのところだけやたら豪華でしたが(笑)、記念に今回のツアーバッジを寄付しておきました。

DSC_1125.jpg 

さて、ライブ本編。
『今日はTOKYO1/3650でのセトリ』(by南ちゃん)

曲的にも当然入れ替えてきた場所がありました。僅か2日ですが、南ちゃんもさることながら、バンドメンバーも大変だな、と痛感します。

MCでは、初日に南ちゃんがアパートを経営したら家賃いくらで入居するか、という話になりました。初日では40万でも入居するとか声が上がってましたね。円なのかギルなのかはわかりませんが。

2日目、ということで南ちゃんも大分調子が取れてきているようでした。ただ、ツアー日程が詰まっていることから想像できるように、かなり忙しいのかな、ということも感じたり。
僕らは楽しませてもらっていますが、南ちゃんにももう少し余裕があると良いな、とも思ったり。

2日目ということで自分にも余裕ができ、楽しむことができました!どのアーティストさんもそうですが、初回(自分は7月のBDライブ)は参加できた喜びと興奮におそわれているうちにライブが終わっているのですよね(笑)

本日のMCで、TOKYO1/3650に収録されている曲でどれが好きか、という質問をバンドメンバーに投げかけていたのですが、八木さんが悩んだ末、『Secret入ってたっけ・・・』と小声で南ちゃんに言ったところ、『Secret of my heart?それfripSideだから!』と言われていたのには笑いました。

この2日間で感じたのは、南ちゃんは本当にファンのことを考えてくれているなーということ。こちらとしては、その気持ちだけで十分です。